スティールのコツ NBA2K19マイキャリアプレイ日記.part4

ついにNBA入り!

NBAでもGリーグと同じバランスだったらシーズンMVPをとりつつ、リーグ最下位の勝率で、シーズンを終える自信があったのですが、どうやらバランスはかなり改善されているようです。

NBAの試合で始めに思ったのが

フリーで外してくれる( ;∀;)

ってことでした笑

Gリーグのバランスが厳しすぎたので、フリーで外してくれただけで感動してしまいましたよ。だってGリーグ奴らはフリーだったら無限レンジでも決めてきましたからね。

もはやNBAの上位互換リーグとか言う次元じゃないですから。3PTライン後2mくらい下げた方が良くない?って感じでした。

NBAでのバランスはGリーグより簡単、

ただ、Gリーグのように中心選手一辺倒で攻めてこないだけで、高レート選手とマッチアップすればディフェンスの弱い選手は八つ裂きにされます笑。

ようやくNBAでの試合に慣れてきたので今回は、Gリーグだと評価にビビってできなかったスティールについて書いていきます。

今回の内容

「レブロンをアシストする」

「GATORADEとスポンサー契約」

「スティールのコツ」

レブロンをアシストする

実は今まで、NBA2Kシリーズをプレイしてきて、レブロンと一緒のチームでやったことってなかったんですよ。

基本的に高レート選手や、ポジションの被るエースのいるチームには入りたくなかったので、毎回NBA最高のレートを保持するレブロンのチームは、真っ先に候補から外れました。

ところが今回レブロンと組んでみたら、ポストプレイ、コンタクトダンク、アリウープとインサイドプレイで最強なことはもちろん、3PTとストップ&シュート面も決まりまくって爽快です。

得点するよりアシストする方が面白いんですよね笑。

もともとアシスト中心の選手を作りたかったので、これはアシストのし甲斐があります。

インターバル時のスクショ、臨場感と迫力がすごい

これは余談ですが、個人的にはNBA2Kシリーズのレーティングはレブロンを中心として決められていると思うんですよね。

正確には、バスケの神様と言われたマイケル・ジョーダンをレート99の基準として、現役最強のレブロンのレートが決められ、レブロンを基準としてそれ以外のスター選手のレートが決められるのではないか、というのが僕の考えです。

レブロンのレートは98、現役最高のレートで近年でも最高レートですが、シーズンスタッツだけで言えば、レブロンと同程度のスタッツを残す選手はいます。

一昨年なんてサンダーのウェストブルックが、シーズン得点王に輝きながら、シーズン平均トリプルダブルを達成しましたよね。

昨年もしれっと2年連続平均トリプルダブルを達成していますし、スタッツだけで見ればウェストブルックのレートは97~98あってもおかしくないと思うんですが、実際はレブロンよりも5~6低いです。

その理由はスタッツに残らない部分にあると思います。

実際レブロンよりウェストブルックの方が上という人は少ないと思いますが、レブロンはスタッツに現れないところで大きくチームに貢献しています。

例えば普段は周りにパスを出してゲームメイクしていますが、ゲーム終盤や重要な局面では自分で点を取りにいっていました。

これはチーム力で勝負してくるウォーリアーズには敵わないため、チームとして強くしようとしていると言われていますね。

それと比較するとウェストブルックは、無駄にセンターからリバウンドをもぎ取って、味方からリバウンドを奪っていることがあり、レブロンの重要な局面で点を取りに行くスタイルと比べると対照的だったりします。

良くも悪くも試合に絡みすぎるのがウェストブルックのプレイスタイルですが、チームでの立ち回りや、チーム順位、プレイオフでの活躍を考えれば、NBA最強はレブロンであることは間違いないです。

GATORADEとスポンサー契約

Foot Lockerとの契約に続き、GATORADEとの交渉も無事終了しました。

Foot Lockerとの交渉はこんな感じでした。

FootLockerとのスポンサー契約交渉があったので、少し契約額について検証してみました。 マイキャリア記事にしようかと思ったのです...

Foot Locker同様、GATORADEもかなり交渉をやり直してよい契約を模索しましたが、

結局ここに時間かけるなら1試合でも多くこなした方が良くね?

って思ったのである程度良いところまで行ったら妥協しました笑。

ファンが増えると再交渉できるので、深く考える必要もないかと(1回目の交渉がどの程度影響してくるのかはわかりませんが)

記者会見上に置いてあるGATORADEを、唐突に褒めたら1000VC貰えた笑。あと、Anniversary Editionで特典の服を貰ってたことに最近気づきました。

GATORADEとの契約はこちら

イベントごとに640VC

インセンティブ1:15得点,12アシスト達成試合:100VC

インセンティブ2:20得点,10アシスト達成試合:75VC

アシストを中心にプレイしたかったのでアシストのインセンティブを2つ選択。

インセンティブがあると1試合のモチベが変わるのでインセンティブは1つ以上つけることをおすすめします。

スティール王を目指す

今作はスティールがかつてないくらいリアルです。

調子に乗って舐めたドリブルをしまくる高ハンドリングのボールハンドラーでも、ボールを奪うことができます。

しかも前作と変わったのがスティール側に有利なボールの転がり方、キャッチの判定バランスとなっていること。

前作はボールを突いても全力でコート外に吹っ飛ばして、誰も得しない゜д゜)結果になる可能性大でした。カットしない限り手を出すだけ損な感じも否めませんでした。

ところが今作は、しっかりドリブルを見極めれば、それがとれちゃうわけですね。

しかしスティールが強く、リアルになっても、ディフェンダーが有利になったわけではありませんしっかり適切な距離でスティールを狙う必要があります。

スティールのコツ

1.下がりながらスティールを狙う

過去作でも同じだったのですが、ボールハンドラーとの距離が近い状態でスティールを狙うと、がっつりファールをしてしまうことがあります。

基本的に距離が近ければボールに触れる前に、体に触れてしまう可能性の方が高いので、余計な接触をなくすためにも距離をとりながらスティールを狙いましょう

この方法でスティールはいくら試みたところでスタミナが減るわけでもなく、ファールを取られる可能性もほとんどないです。

しかしこのタイミングでドリブラーがうかつに近づくと、手がかすってチップできることもあ。ノンセオリーなので、抜かれる可能性が低いなら離れて腕を振り回していてもいいかも。

2.コートに入れる瞬間を狙う

CPU相手にスティールしやすい方法です。

ボールハンドラーがボールをもっていることでスティールモーションがファール判定になります。

ならばボールを貰うタイミングでスティールすればいい、つまりただのパスカットな訳ですが、ボールを入れるときは相手のパスを貰う選手の前でパスを出す瞬間を見極めれば、簡単にスティールできます。

ボール受け手の少し離れたところでスティールを狙うのがコツ

しかしそんなことしなくてもCPUが速攻気味に、早くボールを入れるとき、自分の真横にパスで通したりします。これが結構無防備なパスの場合があり、カットを意識していると普通にチップできたりします。

もちろんファールする相手もいないのでノンセオリーです。意識しておくと2試合に1回はスティールが増えます。

3.ドリブルしている手を意識する

例えば右手にボールを持つボールハンドラーと、正面で向き合っているとき、右手でスティールを狙うとかなりの確率で接触してファールを取られます。

しかしスティールした時、自分がどっちの手でスティールしに行くかわかりません。(慣れると何となくわかります)

そこで接触を避けるために、右手でドリブルしている場合、自分は左に動いて自分の右腕が相手のボールの前にくるところでスティールを狙います。

正面で見ると相手のボール側に自分が動く感じですね。

これなら、どっちの手が出てもファールがとられる可能性は低いです。

しかし、オンラインでこれをやってタイミングを見誤れば、自分で隙を作るようなものなのです。CPU相手にはいいですがオンラインではタイミングを見極める必要があります。

失敗した時のためにも、横方向の俊敏性のステータスがあるとやりやすいですね。

※以下追記

4.ボールハンドラーと同じ進行方向にスティールする

正面からスティールを狙うとファールを取られる確率が高いです。

しかし相手と同じ進行方向に走ってスティールを狙うとファールする確率が低い状態でスティールを狙えます。

特に相手の前を走っている場合に接触しすぎないように狙うと結構な確率でとれるので是非試してほしい方法です。

ケースとしてはディフェンスへの切り替え時が狙い時。

ボールハンドラーのボール側に、斜め前を走って横にスティールする感じ。

相手の前を走って目の前にスティールを狙うのでファールする確率は低く、ボールの当たり判定だけがボールにかすることがあるのでコツをつかむと結構狙えるようになります。

5.すれ違いざまにスティールする

自分のマークスマンではないボールハンドラーが自分の近くを通り過ぎる時、手をかすらせるくらいな感じでスティールを狙うと、結構判定が当たります。

特に選手とボールが行き来する5on5で有効。

正面から1on1でスティールを狙うより、高確率で盗りに行けます。

まとめ

今回はスティールについて解説しましたが、今作のCPUはスティール意識が高いですね。

今のところ、普通にドリブルしてボールを回しているだけで、1試合で4人くらいイリーガルユーズオブハンズをとらてます笑。

ディフェンスの良い選手はもっとその傾向が強いのか、クリス・ポールとマッチアップした時は第4Qでファウルアウトして消えていきました笑。

少々やりすぎな気もしますが、見方もスティールしてくれるようになったので、バランス的にありかと思ってます。

今作は味方のザルディフェンス、棒立ちリバウンドも減った気がするので、味方のCPUバランスは18より進化してますね。

ただ、勝手にヘルプにきてマークスマンを変えられたり、ヘルプに来たかと思ったら全くディフェンスしないこともありますが笑。

前回

レイカーズ入団してついに念願のNBAへ!ってことでやっとNBA選手のチームでプレイするところまで来ました。 長かった。。ここまで本当に...

次回

久しぶりのマイキャリア日記です。 今作は新しいモーションが増えたので、色々な組み合わせを試していたらかなり試合を消化していました。 ...

コメント

  1. 中川 より:

    いつも参考にさせていただいております。
    ご存知なら教えていただきたいことがあります。
    1つ目は、素早い反射神経のスキルについててです。18のときは、GATORADEリアクションのドリルを行えば、スキルポイントがたまりましたが、19になってからは、上限突破のポイントしか入らなくなりました。これだと、ゲームでスティールわしなければ、スキルポイントたまらないので、かなり時間がかかります。その一方で、素早い反射神経スキルの説明を読むと、ドリルをすればアンロックされると書いてあります。。バグですかね。それとも今作ではPFキャラだからなのでしょうか?
    2つ目は、ちょいちょいでてくる、ターボブースト切れの表示についてです。これは、スピードブーストが使えなければ、ドリルをやって補充する必要ありませんか?正直あまり違いを感じられません。
    お忙しいところ、恐縮ですが、よろしくお願いします。

    • ryo より:

      うーんちょっと僕にもわからないですね。
      あまりオンラインを中心にやっていないからというのもありますが、、とりあえずよくコメントをくれているsigureさんの回答を参考にしていただけるかと思います。
      スキルポイントは、要望が多ければアップデートで変わるかもしれませんが、基本的に期待しない方が良いかと思います。
      マイキャリア自体、やり込んだ人が得をするように毎年変わっていってますので、(レート経験値やVCなど)そういう方針と言ってしまえばそれまでなのかもしれません。

      的確な回答ができなくて申し訳ないです。

  2. sigure より:

    反射神経は試合で勝手に溜まる位に考えて無理に狙わない方が各試合での評価が悪くならないんじゃないかなと思います。

    ターボブーストなんですが・・・補充の意味は。よくわかりませんが、とりあえずランニングマシン3回やっておけば回復するので練習場に行く前にやるとか程度やら上限突破ポイントの微稼ぎとか気分転換くらいの気持ちで回復させています。
    もしかしたら、ブーストアイテムの効果に影響があるのかもですが、私はブースト系アイテムはケチってしまっているので把握できてないので申し訳ないです。

    ちなみに、私は主にCを使っていますが反射神経は試合中くらいでしか稼げるのがないですね。ポジションというかキャラクリエイトの組み合わせ次第ではシルバーとか狙えるのもあるのかもですね。

  3. sigure より:

    少し進めて、GATORADEと契約したので考察の訂正ですGATORADEターボブーストですが、ダッシュ時の水色部分のスタミナに影響があるのが確定ですね。
    アイテムをフルで使用すると水色ゲージが2つになりました。
    それと、レベル報酬92に「ジムマニア」というの獲得でエクストラ体力をトレーニングなしで使用可能と書いてありました。

    反射神経ですが、こちらは試合中の「50/50プレイ」でポイントを稼げるようですが、実質パスカットによる成功率上昇ぽいです。
    スティールは含みません。
    と言うのも、意識的に両方沢山狙ったときに4回成功したことになっていて、スティールの成功数とは別計算だったのです。

    間違っていたら申し訳ないです。

  4. sigure より:

    以前の質問にあったGATORADEリアクションのドリルでも反射神経バッジの経験値溜まるようになったみたいですね。
    初日は私もダメだったので試合しか無理だと思ったのですが、バージョンアップで前作のように溜めれるようになりましたね。

  5. sigure より:

    GATORADEで思いましたが、相変わらずリアクションとか一部のもの以外は単なるミニゲームで重要なのが1つしかなく行列になったりで何かしら解消してほしいですよね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。