無料でVCを稼げるアプリMyNBA2K19.part1

NBA2K19 Prerudeと共にも今年もMyNBA2K19が登場しましたね!

Prerudeをプレイした後に思い出してインストールしたのですが、今作は今まで以上に面白い!

このアプリの特徴は、NBA2K19のVCがスマホで稼げるところ。

当然稼いだVCはマイキャリアで使えますし、NBA2K PRELUDEをプレイしてセーブデータを作っておけば発売前からVCが溜められる仕組みです。

マイキャリア序盤は特にVCが必要になるので、少しでも早く選手を強くしたい人には絶対にインストールしておきたいアプリですね。

★★★

実はMy2K18はVC獲得以外でそんなにがっつりプレイしてなかったんですけど、今作は普通にプレイしていて、特にゲームとして面白かったので今回はVCの稼ぎ方以外に、ゲームルールも悦明しておこうかと思います。

基本的に英語で僕も完全に理解している訳ではありませんが、NBAに興味のある人はVC獲得意外にも普通にゲームとして楽しんでプレイできると思うので、ぜひプレイしてみてほしいですね!


これからアプリをインストールする人のチーム選びの参考に

http://nba2kblog.com/2018/09/04/mynba2k19-part0/

VCの獲得方法

VCを稼ぐ手段は大きく2つ、

1.毎日のログインボーナス

2.クイックゲームプレイによるVC

毎日のログインボーナスにプラスしてクイックゲーム1ゲームの50VC×10で、500VC+α稼ぐことができます。

クイックゲームを10戦というのは面倒に感じるかもしれませんが、

・試合は1試合20秒程度

・CP相手なので気軽にプレイできる

・VCの獲得に勝ち負けは関係なし

というかなり気軽にサクサクにプレイできる環境なので、忙しかったとしても片手間にプレイできちゃいます。

ちなみにVCの獲得にはNBA2K19のセーブデータが必要です。

NBA2K19発売前は無料体験版のPRELUDEのセーブデータで大丈夫ですよ。

★★★

ゲーム内容

基本的に、カードを集めて育てるタイプのソーシャルゲームと同じ感覚でプレイできます。

よくあるソーシャルゲームと違うところは、ほとんど無制限にプレイできるというところ。

スタミナ消費などの概念はなく、長時間連続してプレイしても広告が多少挟まる程度です。

個人的にかなり優良だと思うのが、広告を見ることでカードが引けるというシステムです。

30秒の広告に対して4枚カードが引けるので、クイックマッチの1勝で2枚引ける効率で考えると、むしろ広告を見た方がお得です笑。

プレイすればするほどカードを獲得し、自分のチームやデッキを強化できます。

現在の2on2デッキのスクショ、ここまでするのもかなり大変でしたけど無制限にできるんで暇な時間ずっとやってました笑。

おかげで無課金でEPICレアをゲット。

ちなみに僕の選んだチームはヒューストン・ロケッツ、ちょうど移籍してしまいましたがライアン・アンダーソンの選手カードを獲得したときは嬉しかったですね笑。

ぶっちゃけ無制限にプレイできる、という点でそこらのソーシャルゲームよりも全然はまります笑。対戦相手との戦力バランスも考えてオンラインではマッチが組まれるので大きな戦力差もありません。

廃課金者自体もそこらのゲームより少ない事もあって、デッキの構成、選手の出し方によって課金勢とも十分戦えます。

ゲーム&ルール説明

基本的なゲームモードは3つです。

1.クイックゲーム

2.2on2

3.ライジング3s

これらのルールについてはpart2で説明するとして、まず基本的なルールを見ていきましょう。

アプリをインストールして初めにプレイして、恐らく今後最も多くプレイするであろうルールがクイックゲームです。

クイックゲームはお互いに自分カードを5枚選んでデッキを構成して、1on1×3、2on2×1の計4戦行います。そして1戦毎の得点の合計得点で勝敗が決まります。

この時、オフェンス(OFE),ディフェンス(DEF),リバウンド(REB),プレイメイキング(PM)の四つのパラメータの中から最大2つを競い、勝負を決めます。

当然、パラメータの高い方が勝負に勝つため、オフェンスならこの選手、リバウンドならこの選手と、特定のパラメータが高いカードを強化してスペシャリストを作っておくと勝ちやすいです。

どのパラメータを競うのかは勝負の前、勝負中にも表示されているので、確実に勝つためには競うパラメータをしっかり確認しておかなければなりません

ただ、先述したとおり、VCの獲得のためには試合に勝つ必要はなく、とりあえず10戦消化すればOKです。

しかしどうせやるなら勝ちたい、自分の知っている選手を使ってチームを構成したいという人がほとんどだと思います。

 勝ち方と選手の集め方

・最初にもらえるエースカードは迷わずMAXまで強化すること

最初にもらえるエースカードはレベルMAXでステータス250近くいくので、最大まで強化すればRARE,2段階上のレア度、EPICとも十分戦えます。

どのカードを使うかに迷ったら迷わずエースカードを強化しましょう。

・最低限、試合に使うカードは1回でも強化しておくこと

カードのレベルは低い程すぐに上がります。そのため少ない素材でパラメータが大きく上昇します。初めは特にこれをやっておくと、相手と大きく差がつきます。

逆に上に行けば行くほど強化していないカードは、レア度に関係なく負けてしまうこともあります。

勝率を上げるには

クイックゲームには勝敗の数が記録されます。1試合1試合しっかり勝負すれば100勝0敗なんてことも不可能ではないため、負数を気にする人もいますよね。

勝率を上げるには

・試合に使う選手や戦略をしっかり立てておく。

・選手を強化してより強い選手を使う

この二つしかありません。

しかし初心者も初めのうちは勝てるかもしれませんが、だんだん周りのデッキが強くなってくると。勝率を高めようとしても

選手を強化する素材を集めたい→クイックゲームをする→負けてしまう→勝率の低下&強化素材もうまく集まらず

の、負のスパイラルに飲まれてしまい、なかなか勝てない時期がでてきます。

選手をしっかり強化してデッキを構成していれば、勝てないことはありません。

そこでいかに多くの強化素材を集めるかが、勝率の高さにも影響してくるわけです。

素材の集め方

素材を集めるにもクイックゲームでは勝てばカード2枚、負けたら1枚です。

そこで素材を集めるために、勝てる戦略をしっかり立てて試合をこなしまくる、というのも重要なのですが、僕としては広告をみることでもらえるドラフトピック×4を獲得することをおすすめします。

これでカードをたった30秒で4枚ゲット、クイックゲーム勝利報酬で4枚獲得しようと思ったら30秒以上はかかりますし、負けてしまうリスクもあります。

しかし毎試合広告を見るだけで報酬は5,6枚一気にカードが集まりやすくなります。

基本的に序盤で手に入るレアリティはRARE URTRA RAREですがドラフトピックが増えればEPICやEPIC PRIMEのカードを獲得するチャンスも増えます

片手間でできますし、広告は垂れ流して放っておいても、次始めるときにドラフトピックできます。

3段目のGET DRAFT PICKSをタップ、もしくは右下のGET MORE PICKをタップでドラフトピック×4を獲得できる。

実はクイックゲームでは報酬のドラフトピックは2枚、広告を合わせても6枚ですが、

後2つのモード、2on2とライジング3sでの報酬は、なんとドラフトピック×12というクイックゲーム6試合分の報酬です。広告も合わせると一気に16枚もらえます。

1戦でドラフトピック画面の6割弱を獲得できるという美味しさです。

そのため,ある程度の戦力が揃ったらそちらのモード、特にライジング3sに移行することをおすすめします。

2on2とライジング3sのゲームルールはpart2で説明しますね。

まとめ

もちろん勝ちたいなら、クイックゲームやその他のゲームルールでももちろん、1試合ごとに使う選手や戦略をもっておいた方が勝ちやすいのは言うまでもありません。

そこでpart2では、2on2とライジング3sのカードの使いかたをなるべく簡単に説明したいと思います。

と、言っても僕も初心者といえばそうなので、毎年このアプリをがっつりやり込む人からしたら当たり前のことでしかないかもしれませんけどね笑。

★★★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。