NBA2K LEAGUE選考情報

海外サイトで2Kリーグの2月の予定や詳細な情報が出ていたので少し載せておきます。

はっきり言ってほとんどのプレイヤーにとって2Kリーグの選考は関係ありません。

でもNBA2K18をプレイしていれば誰でもその頂点にたつプレイヤーやその選考がどんなものなのか気になりますよね。

2月はさらにプレイヤーの選考が進みます。もし本気で目指している人はとっくに知っているべき情報なのでお見逃しなく笑。

NBA2K18

参加者条件

1.プレイヤーはドラフトが開催される暦年に18歳以上であること

2.高校を卒業していること

プレイヤーは18歳以上の必要があり、高校を卒業していなければなりません。

エントリー

・1月のNBA 2Kリーグ予選を完了したプレイヤーは、2月中にNBA2K18で新しいメニューアイテム、NBA 2Kリーグを自動的に表示します。

・オンライン申請は、2月中に利用可能

プレイヤー数

NBA 2Kリーグは柔軟性を考慮して選手を85人から102人に拡大しました。この選考でトップ102の選手が特定され、シーズンに参加する17チームがそれぞれ6人の選手をドラフトすることとなります

2月の日程

2月2日〜21日の間、12のプレイ窓口が用意され、これらの窓口全てでプレイしなければなりません。プレイ窓口は、世界中でプレイするコミュニティのさまざまな地域に合わせて配布されます。

内容

参加者は、プライマリポジション(PG / SG / SF / PF / C)で最低40ゲームをプレーする必要があります。

ゲームは標準的なPro-Amルールで1クォーター6分で行われます。

プレイヤーがファウルした場合、AIが代わりに参加します。

チームごとに1つのポジション(ポイントガード、シューティングガード、スモールフォワード、パワーフォワード、センター)でプレイします。プレイヤーは各ポジションで5つのアーキタイプを選択できますが、選考を通して1つのポジションでプレイする必要があります。

アーキタイプ

プレイヤーは選択したポジションでプレイするアーキタイプを選択できます。

すべてのMyPLAYERSはレート90となり、各アーキタイプにはプリセットバッジが設定されます。使用可能なアーキタイプの完全なリストは次のとおりです。

Point Guard

Shot-Creating Slasher

Shot-Creating Sharpshooter

Slashing Playmaker

Sharpshooting Playmaker

Playmaking Shot Creator

Shooting Guard

Playmaking Slasher

Sharpshooting Defender

Slashing Shot Creator

Sharpshooting Shot Creator

Pure Sharpshooter

Small Forward

Shot-Creating Slasher

Sharpshooting Shot Creator

Pure Sharpshooter

Slashing Defender

Sharpshooting Slasher

Power Forward

Slashing Rim Protector

Rebounding Athletic Finisher

Slashing Post Scorer

Two-Way Rebounder

Sharpshooting Rim Protector

Center

Post-Scoring Athletic Finisher

Slashing Rebounder

Pure Rim Protector

Slashing Stretch Five

Rebounding Post Scorer

統計・分析

参加者はゲーム全体の統計情報とハイライトを自分のゲームで見ることができます。

NBA 2Kリーグでは、ポイント、リバウンド、アシストなどの高度な統計情報、ショットリリース時間、味方へのパス、ブロック効率など、詳細な統計情報を測定します。

選考の後、すべてのプレイヤー情報が評価され、ドラフトに利用可能な上位102人のプレーヤーを決定するために使用されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。