ポストオフェンス攻略まとめ

今回は久しぶりのオフェンス攻略

ビッグマンには必須のポストプレイについて考察していきます。

ポストプレイ攻略と言っても正解はありません。しかしポストに入った状態でのムーブ、オフェンスパターンは数え切れませんよね。

今回は多彩なポストムーブのパターンの中でも使える動きをなるべくわかりやすくまとめていきたいと思います。

NBA2K18

ポストオフェンス操作方法

ポストでの動きはいくつかありますが、オフェンス基本操作方法の中でも使えるオフェンス操作をなるべくシンプルにピックアップしていきます。

オフェンス基本操作方法

NBA2K18のオフェンス操作方法をまとておきます。 参考までに使い方の解説記事を載せておくので詳しく知りたい方はそちらをどうぞ。 ...
ポストにつく

ポストに就くにはポストウィークダウン、ポストトランジションなどポジション争いに関する操作がありますが基本的にポジション争いはフィジカルが全てです。

難易度にもよりますがPGの選手がCとポジション争いしても勝ち目はありません。

ポストオフェンスはゴールに近い程有利、ポジション争いで勝てないならどうすればいいかというと答えは単純です。

フィジカルの弱い選手ほどポストに入らずゴール付近でボールを要求しましょう。

ペイントエリア外までならボールを持っていない状態でもポストに入らず簡単にボール要求できます。そこからポストオフェンスを始めれば細かいポジション争いの操作は必要ありません。

ちなみにボールを貰う際はポストについた状態で要求するとパスを通してもらいやすくなります。その代わりポスト状態になることでポジションを外に追いやられるので注意。

逆にディフェンス時は相手をポストにつかせない、ポスト状態にならないことで不利なポストディフェンスを避けることができます。

ボールを持ったらまずは体を使ってフェイクを入れつつ攻めます。

ドリブルに入っていない場合はまずはポストピポットを使って攻めやすい角度を探しましょう。

この時、シュートフェイクをいくつか入れるのもありです。シュートフェイクの種類については別にシュートムーブで説明します。

・ポストピポット

Lスティックを任意の方向に軽く倒す事で片足を軸にボーの位置、体の向きを動かします。

ポストムーブ

ポスト状態でフェイク、ポストムーブを入れて少しでもディフェンスに隙を作ります。

ポストピポットで切り込む体の角度、ボールの位置を決めたら次にムーブを起こします。この時、ドライブインを狙うなら肩を向けた状態のときにムーブを起こした方がスムーズにモーションが起こせます。

・スピン/ドライブ

主にゴール方向に向かってRスティック、またはLスティックを倒す事でゴール方向へドライブします。

スピンの操作方法はペイントエリア、ベースラインへのドライブで操作方法が別に存在します。そちらまで使いこなしたい人はゲーム内操作方法のポストオフェンスを参照してください。

基本的にはスピン/ドライブで十分ですが、状況によって使い分けれるとモーションが若干ことなり一瞬早くスピンできたりします。

・ドロップステップ(ポストホップ)

ポスト状態でゴール方向にLスティックを倒して□ボタンを押下することで、ゴール付近でステップしてシュート体勢へ入るモーションです。

基本的にディフェンスはゴール方向にいるのでこのムーブを使うとシュートチェックをもろに受けてシュートも落ちやすくなってしまいます。

そのため使用頻度はスピン/ドライブと比べると少なめ(個人の感想ですが)

ただ、ステップ幅はそこそこあるためフェイクやポストスピン等でディフェンスの位置がずれたり隙ができた時に素早く入力できると有効に使えます。

シュート体勢へ運ぶムーブとしては覚えておいて損はないです。

NBA コービー ポストプレイ

出典:LOS ANGELES LAKERS

多彩なムーブ、フィニッシュを持ったコービー・ブライアントのポストプレイは彼の得意技の一つでした。

シュートムーブ

ポスト状態のシュートモーションにも色々あって、フェイクと織り交ぜるとかなり複雑なポストムーブを生み出せます。

しかし実際はポストムーブの動きでゴールへの位置が決まってしまい、大体シュートセレクトも決まってくるはずです。

シュートフェイクを入れることで状況が変わることもあるのでいくつかシュートのバリエーションをもっておくとよいと思います。

ポスト状態でのシュートはディフェンスががっつりくっついているのが普通のジャンプシュートとの違いです。

ポストシュート成功率はディフェンダーのカバレッジ、フィジカル、特に自身のポストオフェンス能力に大きく左右されます。

そのためそもそもポストオフェンスの能力値が低い選手、加えてフィジカルの弱いガード選手はポストに入るべきではありません。

しかし、シュートフェイク等で一度でもディフェンスをかわしてしまえばゴールとの距離が近い分シュート成功率は格段に高いのもポストオフェンスの特徴です。

そのためポストオフェンスでは積極的にアップ&アンダー等シュートフェイクを入れていきましょう。

・アップ&アンダー

ポスト状態でRスティックでポンプフェイクしてから、フェイクが終わる前にもう一度Rスティックを倒してホールドするとフェイクしてからシュートすることができます。

1回目のフェイクにディフェンスがかかれば2回目のシュートでキレイに得点できます。

・ポストフェード

ポスト状態からゴールと逆方向へRスティックを倒すことでポストからフェイダウェイシュートへ移行できます。

同じくポストフェード時にR2を同時押しすることでポストシミーフェードへと変化、軽く肩でシュートフェイクを入れてからのフェイダウェイとなります。

・ポストフック

ポスト状態からゴールへ向かってRスティックを入力することでポストからフックシュートを打つことができます。

こちらもポストフェード同様にR2同時押しで軽く肩でフェイクを入れるポストシミーフックとなります。

ポストフェード、ポストフックはゴールから距離をとって打つシュートです。

メリットはブロックされずらいことですが、当然距離がある分外れやすくなります。

体感ではペイントエリア外から狙うにはそれなりのポストオフェンス能力値が必要な感じ。

ただ、能力が低くてもゴール下に近い程成功率が高くなるのでゴール下でポスト状態のときに狙うとよいです。

・ポストダンク

ポスト状態でR2同時押しでゴール方向にRスティックとLスティックを倒すとダンクが発動します。

基本的にゴール下かディフェンダーが軽い場合のみしかできません。

ビッグマンでミスマッチによりフィジカル有利な状況になった場合などはこれで確実に得点できます。

欠点はディフェンダーとのフィジカルにそれなりに差がある状態、ゴール下でないと発動できない点。

ゴール下でボールを貰えれば確実ですがそれができれば苦労しないんですよね笑。

・ポストステップバック

ポスト状態でゴールと逆方向にLスティックを倒して□ボタンをタップするとゴールと逆方向へステップバックしてシュートします。

□ボタンをタップしないと発動しない点に注意、□ボタンホールドだとポストフェイダウェイになってしまいます。

ポストオフェンスはポスト状態に入ることでポストモーションが発動しますが、あえてシュート時にL2をはなしてポスト解除してからシュートするのもありです。

ポストでのシュート成功率は

・ゴールとの距離が近いためシュート自体が入りやすいこと(メリット)

・ディフェンスのシュートチェックが入りやすいこと(デメリット)

の2点でバランスがとられています。

そのためうまくメリットのみが適用されるような状況を、ポストムーブで作り出してシュートするようにするのがシュート成功のコツです。

まとめ

今回はポストオフェンスのボール所持からシュートまでの流れについてまとめました。

ポストオフェンスは複雑ですがパターンは無限大でうまく使いこなせばかなり色々なオフェンスが仕掛けられます。

今回はなるべく簡単にまとめましたが極めるともっといろいろなモーションが存在します。

今回紹介したモーションが既に使いこなせている人はもっと細かい動きまで極めてみるとオンライン等でも活躍できるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。