NBA 2K LEAGUEのチームロゴの由来とはpart1

いよいよNBA 2K LEAGUE発足に伴って、各チームがゲーミングチーム専用のロゴを発表しています。

てっきりチーム名、ロゴ共にNBAの各フランチャイズチームのロゴとチーム名を使用すると思っていたのですが、各チームがそれぞれのフランチャイズごとに用意したロゴ、ゲーミングチーム名が使われるようですね。

今回はそれぞれのチームがそれぞれのtwitterアカウントでチームロゴをツイートしているのでその中の6チームのロゴの由来、チームの意気込み等をまとめました。

NBA 2K LEAGUE twitter 

Warriors Gaming Squad

ウォーリアーズはNBAのフランチャイズチーム、ゴールデンステイト・ウォーリアーズと2K LEAGUEのゲーミングチームを視覚的に兼ねているロゴとなっています。

ロゴは初期ゲームの4角形のフラットな画面をモチーフに生まれてデザインされました。

昔のゲームに敬意を払い、ウォリアーズの歴史とバスケットボールを含めた3次元で表現しています。

Grizz Gaming

グレズリーズゲーミングのロゴは、グレズリーズの大胆かつバランスの取れたロゴにグレズリーズの強靭さとデジタルさを加えてアップグレードされました。

「Grizz Gaming」の略称GGは、NBAフランチャイズのグレズリーズの「Grit and Grind」と、伝統的なゲームの「Good Game」に対する暗黙の言葉を兼ねたものです。

熊の爪のロゴは5本の爪が5人のプレイヤーを表し、グレズリーズのセカンダリロゴを更新してプライマリロゴへと高めることを指しています。

Knicks Gaming

眠らない街、タフで魂あふれる街、ニューヨークは地球上で最も大きな都市を代表しています。

ニューヨーク・ニックスはストリートゲームがコートとつながるようにゲームを再定義し、気迫、ハート、ハッスルのあるニューヨークを代表します。

Bucks Gaming

ミルウォーキー・バックスのロゴは神話を通して描かれる森の王様、雄鹿を象徴しています。

バックスゲーミングのロゴは激しく際立ったラインが攻撃の準備が整っていること、組織の独立性と大胆な自信を表します。

Raptors Uprising Gaming Club (GC)

Raptors Uprising GCは、トロント・ラプターズの組織の「外部の者」の意を示していますが、このロゴはラプターズのジャージーを側面から撮影した北を指している山の形をモチーフにします。

76ers

街の革命的な起源とエスポー運動家の近代的なエッジからインスピレーションを受けたプライマリーロゴは、フィラデルフィアの象徴的なリバティーベルと1776年の独立宣言に署名して、ベルの形に融合した数字「76」を表しています。

まとめ

今回はNBA 2K LEAGUEを構成する6つのチームロゴとその由来について解説しました。

個人的にはラプターズの由来がわかりにくかったんですが、ツイートされた動画から察するに、北の山を指しているのかもしれませんね。(トロント(カナダ)はNBAリーグの中でも北部にあることから)

それにしても各チーム専用のプロモーションビデオを用意したりとかなり気合が入ってますね。次は他のチームも紹介したいと思います。

NBA 2K LEAGUEのシーズンはNBAシーズン終了後なので次のNBA開幕、NBA2Kシリーズ発売まで観戦できます。

応援したいチームがあればフォローいておくとよいかもしれません。

参考記事:TEAM LOGO REVEALED

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。