最強ロッカーモーションと使い方 操作方法と解説

今回はロッカーモーションの使い方とテクニック、操作方法について解説します。

ロッカーモーションはヘジテーションを使ったドリブルムーブの1つ。

ロッカーモーションにも色々な使い方がありますが今回はムービングヘジテーションを使ったロッカーモーションについて解説します。

ロッカーモーション

ドライブインする前に体を起こすなどして緩急をつけることによってディフェンスの隙を作り抜き去るテクニック

NBA

出典:UPROXX

ムービングヘジテーションの基本的な使い方

ボールを持った状態でダッシュ中にオンボール方向にRスティックを入力することで発動します。

一瞬ダッシュのスピードが緩むので、ここで別の技を入力してドリブルを変えると効果的です。

前作はムービングヘジテーション自体にアンクルブレイクの効果がありました。

しかし今作は、アンクルブレイクが発動しにくくなっています。

そこでモーションを入れることで、ディフェンダーをアンクルブレイクする確率を上げ、さらにモーションによって効果的に抜き去ろうというわけです。

ロッカーモーション自体の発動は難しくありません。

問題はその後のモーションに何を選択するかになります。

選択できるモーションは以下の通り

・クロスオーバー

・ビトウィーンレッグクロスオーバー

・スピン&ハーフスピン

・ビハインドザバック

ドライブとなると大体この4つのムーブを選択することになります。

(シュートならほかにもステップバックシュートやステップ&シュートも選択できます)

少しそれぞれの使い方について解説していきますね。

クロスオーバー&ビトウィーンレッグクロスオーバー

多くの人が基本的にクロスオーバーを選択すると思います。

普通にダッシュからクロスオーバーするよりも、ヘジテーションを入れた方が抜きやすい場合もあります。

特にオンラインなど対人戦は意外性のあるドリブルムーブほど隙をつかれることから使ってみても損はないと思います。

クロスオーバーならこちらの記事で、ムービングクロスオーバーのノーマル3とプロ2をおすすめしました。

NBA2K18ではドリブルをうまく決めると、ディフェンダーを抜いたり、アンクルブレイクして崩すことができます。 素早いドリブルで相手を...

プロ2はボールの移動量とスピードがあるので恐らく多くの人が使っているかと思います。

僕が最もおすすめするノーマル3はプロ2に比べてボールの移動幅の点で劣ります。

しかしここでも僕はノーマル3を押しますね。

このモーションの強いところは発動が速い、動きがコンパクトなので反動が少なく他のモーションにつなげられるという点にあります。

特にダブルビトウィーンレッグズクロスオーバーを連続でできるモーションはこれが最速です。

スピン&ハーフスピン

モーションによってはスピードが落ちるので、ムービングヘジテーションからスピンを選ぶメリットはあまりありません。

しかし相手のディフェンスが偏っているとき、例えば

ディフェンスが全体的に右に寄っているときに右にドライブイン→スピンで左へ

というような使い方をすると、ディフェンスのいない方向へスムーズに移動できて良いかと思います。

ビハインドザバック

ビハインドバックの強いところは、ボールを前に出さないため相手と接触してファンブルしないところです。

クロスオーバーはディフェンダーと間合いを詰めすぎて発動すると、相手の足に当たってファンブルする確率が非常に高いです。

しかしビハインドバックならその心配がないので、ディフェンダーに近寄った状態でも発動できます。

弱点は遅いモーションが多いという点です。

そもそもの切り返しが遅いのでうまく抜けるかというと微妙なところです。

最強の必殺技

個人的に最強で、はまってる必殺技を紹介します。

かなり早い&意外性があるので対人戦でも初見は対応し辛いと思いますね。

使うモーションはこちら

・ムービングビハインドザバック

ノーマル2

・ムービングヘジテーション

ノーマル1

ムービングヘジテーションからのビハインドザバックです。

使ってるモーションはどちらもノーマル、しかもヘジテーションに関してはデフォルトのノーマル1です。

NBA2K18 マイキャリア

使い方は簡単

①ディフェンダーによってムービングヘジテーションを発動

②ヘジテーション中にタイミングを見計らってビハインドザバック発動

これだけです。

このモーションの特徴は

発動が速く隙が少ないこと、すぐ次のモーションに移れることです。

使ってみるとわかりますが、他のヘジテーション→ビハインドザバックの組み合わせより段違いに早いです。

(全ての組み合わせを試したわけではないですが)

ビハインドザバック・クロスオーバーって感じですね。

ガードでも扱えますが、特にSFなど、スピードのあるビッグマンほどボールの移動量が増えて強いです。

SFでやってる人は是非1度使っていただければと思います。

このモーションは早いだけでなく実はもう一つ強みがあります。

それが当たり判定がかなり低いことです。

スピード、キレがあるのに当たり判定が緩いので、ディフェンダーとの距離を詰めて発動してもファンブルしません。そのためビハインドザバックで相手の股を抜くなんて事も頻繁に起こります。

まとめ

今回はムービングヘジテーションを使ったロッカーモーションについて解説しました。

中でも最後の必殺技は、ノーマルの組み合わせながらCPU相手なら無双できる自信作です笑。

かなりの瞬間火力を持ったムーブで、使いこなせば対人戦でもある程度の効果を発揮できます。

マイキャリアで購入するにしても、ノーマル1はデフォルトで持っているのでノーマル2だけ、たったの300VCで使えるムーブなのでぜひ試してみてください笑。

実は全てのモーションを試してみると、ノーマルでも使えるモーションは結構あります。

名前に騙されてプロしか見ない人もいますが、プロの方が遅いモーションもあります。

ドリブルモーションを極めたい人は全てのモーションを一度買って使ってみて判断した方が良いかと思いますね。

コメント

  1. YOSHI より:

    こんにちは。3年前からNBAを見始め、
    最近2kシリーズを始めた者です。
    初めてコメントさせて頂きます。
    2k18について質問があるのですが、
    自分はロンゾとイングラムが好きで
    LALでプレイしております。
    PGなのですがフリーを作っても味方のシュートが外れることが多く、
    ディフェンスでも味方がタイトに
    ついていてもタフショットが決まってしまう
    ことがかなり多いです。
    自分が下手なせいもあるのでしょうが
    前年度最下位クラスのチームを
    優勝に導くのに効果的なオフェンス、
    ディフェンスを教えて頂きたいです。
    よろしくお願い致します。

    • ryo より:

      コメントありがとうございます。

      それは恐らく難易度によるものが大きいと思います。
      基本的にこのゲームは難易度を上げると、CPU性能が上がるのではなく
      ・味方のディフェンスがザルになる
      ・CPUのシュート成功率がシュートチェック関係なく上がる
      ・自分、味方含めてシュート成功率が下がる
      と、しばりプレイを強要されます。

      正直うまい下手関係なくどうしようもない部分だと思います。
      なのでそれで快適にプレイできないならば難易度を下げることをおすすめしますね。
      僕も難易度を上げたいんですが、味方のザルディフェンスにイラついてしまうので基本的に下げてます。

      これに関しては一番改善してほしいところなんですけど、どうしようもないですね。

  2. YOSHI より:

    返信ありがとうございました!
    そうですね、難易度の方は変更していこうと
    思います。
    基本的に味方の能力はシーズンを経て
    上がることはなさそうなので、どうすれば
    味方をフリーにできるか、基本能力の低さを
    補うか、そして自分自身が向上出来るかを
    考えてやっていきたいと思います。

    ちなみにブログの方なんですが、
    どの記事をとってもryoさんの2k愛が
    ひしと伝わり、NBAをこんなにも
    愛している人がいらっしゃったことが
    本当に嬉しいです。
    自分もNBA観戦歴、2k歴は浅いですが
    今後もブログを拝見させて頂く中で
    よりバスケに対する愛を深めていきたいと
    思います!
    寒い日が続きますので、
    お体を大事になさってブログを執筆なさって
    下さい。
    ありがとうございました。

    • ryo より:

      ご愛読ありがとうございます。
      そういったコメントを頂けるとモチベーションになるのでとてもありがたいです笑。

      試合に関しては味方の得意レンジ意識してパスをだすとよいかと思います。
      後は色々なムーブやオフェンスを試してみることですかね。

      これからもよろしくお願いします< (_ _)>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。