アシスト、リバウンド、スティールのコツ マイキャリアをやってみた⑮

今回は僕が最近始めた2人目のマイキャリア、「シュートメーカー」「ドライブ&フィニッシュ」でプレイしているSFの選手についてです。

ダンクから3ポイント、スティール、ブロックと何でもできる選手を目指して始めたマイキャリアですが、やっぱり身長があるとそれだけでかなり有利ですね!

身長が高いとリバウンドが取れますし、強力なダンクモーションが使えるようになります。アシストも得点すればするほど自分にマークが集中するのでアシストしやすくなります。

毎試合トリプルダブルを目標に試合をしていたら、安定してトリプルダブルできるようになってきました。

そこで今回は戦術的な話、アシスト、リバウンド、スティールとブロックのコツについてまとめていこうと思います。

僕のプレイした感想なので裏付けされたデータがあるわけではありません。参考程度にお願いします。

・トリプルダブル
得点、アシスト、リバウンド、スティール、ブロックのうち3項目で2桁を記録すると達成となる。

攻守に渡って活躍できる優秀なプレイヤーの指標の1つ。

NBA2K18 mycareer

アシスト

味方に得点させるには味方をフリーな状態にしなければいけません。
自分が動いてフリーになるのは難しくないですが、狙って味方をフリーにするのは難しいです。

そこで紹介したいのが、味方のマークを自分に引きつけてアシストする方法、特に遠距離からゴールを狙える味方がいると効果的です。

自分がボールを持った状態で、味方と味方をマークしているディフェンダーの間をディフェンダーに擦るようにドライブインします。

すると味方のマークの注意が自然とこちらにむくので味方に一瞬の隙ができます。
この一瞬の隙を狙って味方にパス。遠距離から狙えるシューターなら十分なシュートチャンスとなります。

NBA2K18 myvcareer

ボールを貰ったらアイザイア・トーマスに向かってドライブイン、すると2番の選手が3ポイントエリアでフリーになる。

コツは味方のマークが味方を追うことのできないようにドライブインすること

見方が上手く移動してくれれば味方をフリーにすることができ、簡単にアシストできます。

基本的に3ポイントエリアでフリーになるので、マークを引き付ける見方は3ポイントの得意な選手が良いです。

特にマイキャリアで登場するSHAMMYは3ポイントが得意な選手なので、SHAMMYの存在をうまく使えるようになると簡単にアシストを伸ばせるようになります。

他にも自分のチームで3ポイントの得意な選手を把握しておくと同じ要領でアシストすることができますね。

リバウンド

リバウンドは基本的にディフェンス側が有利です。

身長の低い選手がリバウンドを取りたいなら、リバウンドのポジションとジャンプ力が必要になります。しかしジャンプ力は身長の高い選手に対してはかなわないので、スピードで補うようにしましょう。

身長の低い選手でもディフェンスリバウンドをとるコツはショットクロックとシュートタイミングを見計らうこと

オフェンスは基本的に24秒で行われますが、しっかりディフェンスすればショットクロックギリギリで打たせることができます。CPUは0秒直前に、無理やりでもシュートを打ってきて成功率が低くなるのでリバウンドのチャンス。

これを予想して全力でリバウンド取りに行きます。

ダッシュすることで、リバウンドの身長をカバーし、ショットクロック直前のシュートを取ることができ、身長の低い選手でもリバウンドを取る機会を増やすことができます。

ショットクロックは頻繁に確認し、ショットクロック直前にシュートを打たせるようにディフェンスしましょう。

ビッグマンはディフェンスリバウンドはもちろん、オフェンスリバウンドでもリバウンドを稼ぐことができます。

オフェンスする際にミスマッチを起こし、身長の低い選手にポストオフェンスを仕掛けます

シュートが落ちてもリバウンドに入れる位置まで押し込んでシュートすることで、シュートチェックが入ってシュートが落ちても、身長とリバウンドの反応速度でリバウンドをもぎ取り、再度シュートすることができます。

このミスマッチからのポストオフェンスは、オフェンスリバウンドを簡単に取れるので、積極的に狙ってみると、一度のオフェンスでリバウンドを2,3回リバウンドを取ることも可能です。

スティール、ブロック

今作のスティール、ブロックはやっていて思ったのですが、ウィングスパンと身長がすべてと言っても過言ではないくらい、フィジカルに影響されています。

特に身長の低い選手がどれだけブロックの数値を上げても、ブロックそのものが届かなければシューターに触れてファールを貰うリスクを増やすだけです。

特にウィングスパンはブロック、スティールの両面で大きく影響し、ボールの当たり判定に影響するまえにファールの取られやすさに大きく影響している気がしました。

ブロック、スティールも狙っていきたいのなら、多少他のステータスが下がってでもウィングスパンは最大で取っておくことをおすすめします

ブロック

NBA2K18 アシスト リバウンド

個人的にブロックは全てのスタッツの中で、一番伸ばすのが難しいです。

今作はCPUが優秀なので、ブロックに飛ぶとシュートからパスに変えられることが多々あります。

そこでブロックは、絶対にシュートを打たせられる局面を狙うのが良いかと思います。

例えばリバウンドでもあった、ショットクロック直前のシュート。相手が絶対打ってくるシューターの位置を瞬時に把握できればブロックする確率を上げることができます。

次にブロックしやすいのが背後からのブロック、特にチェイスダウンアーティストを持っている選手は最もブロックしやすいタイミングです。

今作は特に、速攻時などのダンクモーションに派手なウィンドミルダンクなどが発動することが多々あるので、意外と独走状態でもダンクに隙があることがあります。

追い付けなくても諦めずにとりあえずブロックに飛んでおくと、ラッキーで触れたりすることもあります笑。

チェイスダウンアーティストを持っている選手は一番のブロックチャンスかと思います。

スティール

スティールを伸ばしたいなら、接触によるスティール、すれ違い時のスティール、ダブルチームでファンブルを狙うと効果的です。

接触によるスティールは、単純にボール保持者のボールに接触するように走り抜けるだけです。パスでボールが飛び交う中、移動中にボール保持者の横を通る機会は案外多いので、意識しておくとたまにラッキーでスティールできます。

すれ違い時のスティールは、ボール保持者が自分の近くをドリブルしてきたときにスティールを狙うものです。

ボール保持者は自分のマーク1人にしかドリブルを注意していないので、横やりを入れる感じで手をだすと案外簡単に取れてしまうことがあります。

ダブルチームはビッグマンが仕掛けると効果的です。パスコースをふさぐようにダブルチームを仕掛けることで、ドリブルが乱れてファンブルし、スティールのチャンスが生まれます。

まとめ

僕の作っているSFは身長206cm、体重100kgなんですがSFで身長206cmというのはなかなか大きい方らしく、フィジカルだけでかなり有利に戦えてます。

プライマリスキルで最も恩恵を受けているミドルレンジよりも、フィジカルでごり押してドライブダンクするオフェンスの方が中心となっているので、FG率が平均70%以上というバケモノじみたスタッツとなってます笑。

ただ、やっぱりスピードに関しては基が低かったこともあり、恐らく最大75程度までしか伸びないようです。

しかしボールコントロールはサイズアップパッケージの解除条件の75に達するので、ハンドリングとモーションだけでかなり抜くのは楽になってますね。

もしこれから選手を作成するならば、ボールハンドリング75を1つの基準とした方が良いかと思います。また、ブロック、スティールの通りウィングスパンは熟考した方がよさそうですね。

次の記事

マイキャリアもついにレート99に到達した人が現れたようですね。ネイバーフッド入口、バスターミナル近くの壁広告に写ってました。 ...

前の記事

シーズン開幕から2週間がたちましたが、優勝候補のウォーリアーズがいきなり負けて、数年ぶりに勝率5割を切ったことで少し話題になりましたね。東の...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. manba より:

    身長高くてスピード速い選手も作れるようにして欲しいですよね(笑)

    • ryo より:

      そうですね!2K15や16はCでもすべてのステータスバーを最大まで上げれたんですけどね。
      基礎値が低かったのでスピード99にはなりませんでしたけどあれはあれで楽しかったです笑。
      歩幅の問題とかもありますから、身長が大きいのにスピード99まで上げられてしまうと予想以上にバランス崩壊するのかもしれませんね笑

  2. TakaSan より:

    いつも楽しく読ませてもらってます!
    自分のマイキャリアのキャラクターなんですがなぜか初めの頃は生えてたわき毛がいつからか無くなってしまってツルツルになってしまってます。。
    外見編集してみたりいろいろ試したんですが変わらずで、何か解決策とか知りませんか?

    あと自分はPGでやってるんですがプレイコールの使い方がよくわからなくて、オススメのプレイコールとか紹介してもらえると嬉しいです。

    • ryo より:

      閲覧コメントありがとうございます!
      わき毛問題は多分新しく入ったパッチの影響でしょうね笑。
      恐らくまた修正アパッチが入ると思いますが、一度散髪屋に行って体の毛の色を変えてみてはどうでしょう。
      治るかわかりませんが、VCもそんなにかからないと思うのでやってみる価値はあるかと思います。

      プレイコールについては記事にしようと思ってたんですが、僕自身もプレイコールを多用しているわけではないので、ちょっと時間がかかってしまうかもしれません。
      でもPG最大の醍醐味と言ってもいい要素だと思うので、できるだけ早く紹介しますね!

      • TakaSan より:

        わき毛問題はけっこう初期からで、1キャラ目を少し進めたくらいで消えました。その後キャラを作り直したくて何度か新キャラを試したんですがどれもオープニングからツルツルでした^^:
        髪と髭も変えたり服装も変えたりしてもダメで、セーブデータのキャラクターデータだけ消してみたりもしましたが変わらないんですよね。。
        プレイ中は気にならないんですがダンクのリプレイ時とか自分だけツルツルなのが気持ち悪くてw

        自分はドリブルムーブから得点につなげるのが苦手なのでプレイコールを使いたいんですがどれがいいかわからずスマートプレイに頼ってしまうので使いやすいものを教えてもらえると有難いです!

        • ryo より:

          僕も気になって確認してみたんですけど、黒人選手だから気づきませんでしたが僕の選手も腋毛はなかったですね笑。
          他の選手がどうなのかはわからないですが、もしかしたら仕様の可能性もありますね。

          どうしても気になりすぎて気持ち悪いようならウェイドやカーメロみたいにシャツをきてみるのをおすすめします。
          ぼくは最近、そのスタイルにはまってて、わきが見えなかったので全く気づきませんでした笑。

          • TakaSan より:

            記事に使われてる選手の写真ではちゃんと生えてるみたいですけど同じく消えてましたかw
            ネット検索しても同じ症状の人を見かけないので自分だけなのかと思ってました。
            2k17の時もツルツルでそれは使用だと思ってたんですけど18になって最初生えてたのでちょっと嬉しかったんですけどね^^:
            シャツ着たりしてそのうちまた生えてることを期待してみます!

          • ryo より:

            アップデートで消えたのかもしれないですね。
            まあそのうちまた生えてくると思いますよ笑

  3. sigure より:

    ドリブルムーブで使い勝手が良いのは、スピンムーブですね
    あと、ゴール下で使いやすいのは、L1長押しで味方を呼んでアシストとかが操作簡単でお勧めです。これをやると、相手も何かしらの動きがあるので、自分で行くチャンス・呼んだ味方・フリーになったアウトサイドと選択肢があるのと、味方が移動中に全体の把握をする時間が生まれるのが利点ですが、インサイドパスはターンオーバーの危険性が出やすいので位置取りには注意です

    • ryo より:

      今作のスピンムーブは本当に強いですよね。
      もろに当たってるのに接触判定がほとんど皆無ですからね。
      スクリーンの要求は僕も記事にしまくってます笑。実際使い勝手が一番良いですからね。
      8割型のオフェンスがスクリーンから始まってます。
      ガード以外でチームメイトを動かせる操作もあまりないから重宝しますよね。

  4. sigure より:

    ですね。
    なんだかんだで、NPC相手だとシンプルなのが一番効果あったりですし、そういう意味では今作は初心者に優しいのかもです。
    チェック判定がやたら厳しいですが・・・
    プレイコールは、この辺りを使いつつ点差を広げれた時に自分なりの戦術を見つけるのが良いかも?勿論王道な使い方はあるのでしょうが、今作はセンターにどっぷりなのでそこら辺は私も詳しく説明できないんですよね

    • ryo より:

      今作はレート91で司令塔バッジがもらえるらしいので、それでプレイコールも使えるようになることを期待して僕はSFのレートを爆上げ中です笑。

      シュートチェック判定もう少し何とかしてほしいですね。
      NBA選手は厳しいシュートチェックを受けても決めるときは決めますからね。その辺の判定はもう少し改善してほしいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。