上級オフェンス ピック&ロール操作方法と解説

今回はピック&ロールを使った上級オフェンスの操作法歩について簡単にまとめます。

上級オフェンスとなっていますが、慣れてしまえば難しい操作はなく使い勝手もよいので、オフェンスの幅を広げたい人は覚えておきたいオフェンス操作です。

ピック&ロールの基本的な使い方はこちらの記事を参考にしていただければと思います。

今回は最も基本的なオフェンス、ピック&ロールについての解説です。 ピック&ロールとは ボールを持ったプレイヤーに対して見...

参考記事ではピック&ロールをシンプルに使った場合のオフェンスの流れを簡単に解説しましたが、今回の上級オフェンスは主にロール側のコントロールについての解説となります。

出典:BleacherReport

サントニオ・スパーズのトニー・パーカーとティム・ダンカンのコンビ、特にパーカーは巧みにピック&ロールオフェンスを組み立てることで多くのチームを苦しめました。


ピックコントロール

L1をホールドしてR2でピック方向の切り替え

L1をホールドしてピックを呼んだとき、R2を押すことで、左右のどちらから攻めるかを選択できるようになります。

ただし、サイドによりすぎると方向を指定してもスペースがなく、ピックの位置がほとんど変わらないことがあるので注意。

地味な操作ですがピック&ロールオフェンスの幅を広げてくれるので覚えておきましょう。

ピックコントロール ロールオアフェード

L1をホールドし、R1でロール、フェードを切り替え

ピックを呼んだ後、フェードを選択することでロール側が進行方向から離れます。

一見意味のない動きに見えがちですがタイミングによってはロール側のマークが緩くなりフリーにすることもできます。

また、ロール側が進行方向からいなくなるため、ロール側につくディフェンダーもヘルプに来ずらくなり、フリーになりやすくなります。

スクリーナーがいないので抜くことは難しいですが、L1とR1操作をしながら、ドリブルでディフェンダーを崩してスペースを開けることができれば1人でゴールまでボールを運ぶことも可能です。

スリップスクリーン アーリーフェード

L1でピックを呼んだ後、ピックがセットされる前にもう一度L1を押す。

簡単にできる割にアシストのチャンスを大幅に増やすことができるので、覚えておきたい操作です。

NBA ピック&ロール

ピックがセットされる前にL1をもう一度押すことで、ロール側が離れてゴール方向へ走り抜けます。ロール側のディフェンスが一瞬、ディフェンス対応に遅れるため、そこへパスを通せば簡単にアシストできます。

画像はディフェンスが赤矢印方向へついてきたのに対してロール側が青矢印のように引き返します。この時点でゴール方向はがら空きになり、パスを通せば簡単にアシストできます。

この時アシストする際に、ゴール付近が密集している、もしくはスティール能力の高いインサイドプレイヤーがパスコース付近にいると、パスカットされターンオーバーしてしまうので、使用とタイミングは慎重に選びましょう。

簡単にできるプレーですがターンオーバーの危険も大きいので、オフェンス法の1つとして考え、試してみてパスカットされそうなら別のオフェンスへ移行する、くらいに考えておくとよいと思います。

まとめ

今回はピック&ロールの上級オフェンスについて解説しました。

読んでいただいてわかったと思いますが、上級オフェンスという割にそんなに難しい操作方法ではありません。

簡単にまとめると

L1でピックをコールして、もう一度L1でアーリーフェード、R2でセットする位置を変更してR1でフェードに切り替え

となります。

基本的にL1、R1、R2のみでできる簡単オフェンスなのでもしわからなかった場合は、実際に操作しながら読んでいただければと思います。

操作方法をたくさん覚えれば覚えるほど、NBA2K18が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。