マイキャリアの練習で効率よくバッジを獲得する方法3選

今回は、マイキャリアの練習で、難しい練習の簡単な成功方法について解説します。

練習は1回で最大4つしかできないので、できるだけ成功させて効率よくバッジを取得したいですね。

今回は獲得できるバッジと練習名について3つまとめますが、他の練習にも応用できるのでこれだけでバッジの獲得方法が少し楽になると思います。

では、行ってみましょう。

NBA2K18 トレーニング

出典:IINQUISITR

獲得バッジ:チェイスダウンアーティスト

練習名:チェイスダウン

身長とスピードのあるビッグマンが効果を発揮するバッジ。背後から追いかけてブロックできるのは長いウィングスパンかオフェンスに追い付けるスピードを持っている選手だけです。

この練習は左右から攻めてくるオンボールプレイヤーをブロックするというもの。

ブロックのタイミング、攻め側の勢いを止めるのが難しくうまくいかない人も多いのではないでしょうか。

この練習のコツはどちらかの選手にマークを決めてしまうこと。

片方に集中してマークして反対側の選手にボールが渡ったところをブロックしに行きます。(気持ち右側にボールが渡りやすい気がするので、右側をマークするのがおすすめ)

まっすぐゴール下に最短距離で走ってブロックで迎え撃つよりも、ブロックのタイミングを計りやすくなります。

また、並走している選手にボールが渡ることも普通にありますが、その場合でも距離が近いためブロックしやすいです。

ブロックのコツはファールする気でぶつかっていくこと練習ではファールはないので思いっきり接触しても大丈夫です。

獲得バッジ:アップ&アンダースペシャリスト

練習名:ポストコントロール:アップ&アンダー

ポストオフェンスで持っていると便利なアップ&アンダーのバッジを獲得できる練習です。

しかしアップ&アンダーは言ってしまえばただのフェイクしてからのシュートなので、ディフェンダーがフェイクに引っかからなければまともに決まりません。また、この練習は他の練習と比べても採点が厳しめでなかなか☆3を獲得するのが難しいのが特徴です。

しかしこの練習は想像以上に簡単に攻略できます。

コツは

ディフェンダーから離れる

これだけです。

まずボールを貰います。そしたらボールをくれた人の方へ向かって一度ポストを離れ、そのまま逆サイドのポストへ行ってみましょう。

NBA2K18 練習

おそらくディフェンダーは最初の位置で突っ立ったまま動きません。

そこからポストに入ってディフェンダーはいませんが一回シュートフェイク、そしてシュート。

これだけでボーナスが入ります。シュートもディフェンダーがいないので外れるはずありません。最も難しい練習が最も簡単な練習になります。

ボールを貰ってからゴールするまでの時間の猶予は7秒ですが、この動きをするには十分な時間があります。

ディフェンダーが動かないので、コツさえつかめば大きく離れなくても、ポスト状態で左下に少しスライドするように移動するだけでディフェンダーのマークを外すことができます

この裏技?はポストコントロール:スピン、ドロップステップの練習でも同じように使えます。慣れれば一回もミスをせずに練習を行えるので、ポストオフェンスの練習に苦戦している人は是非試してみてください。

獲得バッジ:無限レンジ

練習名:ワーク オン ユア ゲーム:3PTディープ

遠距離の定められた〇枠の中からシュートを打って決める練習です。

気づいている人も多いと思いますが、実はこれ、〇枠1個くらいずれて打っても誤差としてポイントにカウントされます

シュート系の練習では、この誤差を利用してできるだけゴールに近い位置でシュートを打つようにしましょう。

3PTディープの練習では、遠距離から打たなくても普通の3ポイントエリアからカウントできるようになります。

この方法は他のシュート系の練習、難しいシュートバッジコーナースペシャリスト、キャッチ&シュートの練習でも使えるので意識して実践してみましょう。

まとめ

今回はできるだけ簡単に練習を成功させる方法について書きました。

アップ&アンダーなどのポストオフェンス系の練習はポイントが付きにくいの難しいですが、ディフェンスを外すことをしっかり徹底すれば失敗することはなくなります。

チェイスダウンの練習に関しては、ディフェンスの横方向の動きが苦手な人に対しておすすめの方法です。オフェンスを追いかけるだけなので縦の動きだけでカバーできます。

シュート系の練習は誰にでもできる簡単な方法です。

ぜひ実践してみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。