マイキャリアで経験値を効率よく稼ぐには?

今回はNBA2K18 マイキャリアの試合で得られる経験値と、バッジ経験値をまとめ、そして効率よく経験値を稼ぐための考察となります。

依然に似た内容の記事を書いたのですが、不確定な情報が多かったため、書き直しました。

選手のステータス上限はレートのレベルアップによって解放されます。強い選手を育てたいと思うなら、経験値を稼いでレートを上げるのは必須作業です。

選手レート99を最速で目指すために、効率よく経験値を稼ぐ方法を考察してみましょう。

現時点で知っている情報についてまとめています。わかり次第、随時付け足していく予定です。あくまで個人のまとめ情報として参考程度にご覧ください。また、不足分はコメント欄にて情報提供していただければありがたいです

バッジと効果一覧はこちら

NBA2K18

 

経験値

今作のマイキャリアではプレイヤーレベルアップのための経験値と、バッジ獲得のための経験値の2種類があります。

試合で獲得できる経験値は一回のプレーでもらえる値が決まっていますが、シュート系のバッジ経験値はシュート成功率で獲得できる経験値が上下します。成功率で獲得経験値が変わるバッジについては詳しく口述します。

・この記事ではゲームイベント(試合後に表示される獲得経験値に画面に表示される名前)を使って説明しています。

※()内の数値に関しては選手によって多少変動します。参考程度にご覧下さい。

試合で得られる経験値

一回することによって獲得できる値が固定されている経験値

一覧(ゲームイベント/1回の経験値

良いスクリーン (60)

ロングアウトレットパス (110)

ハードヒット (350)

避けたピック (300)

弾いてルーズボールにした回数 (200)

リバウンド数 (50)

ブロック数 (350)

50/50プレイ (180)

コンタクトダンク (180)

競り合いながらのロングシュート (700)

勝利ボーナス (675)

試合で得られるバッジ経験値

試合で一回の行動によってもらえるバッジの経験値

一覧(バッジ名/ゲームイベント/1回の経験値

ピック&ロールマニエストロ ピック&ロール成功 (450)

ピック&ローラー ピック&ロールフィニッシュ (640)

ロブシティパサー アリウープアシスト (240)

ロブシティフィニッシャー アリウープフィニッシュ (800)

ダイマー アシスト (140)

ディフェンシブストッパー うまく守ったプレイ (200)

ワンマン速攻 速攻からの得点 (180)

アンクルブレイカー ドリブルドライブ成功 (200)

クルーハンズ 50/50プレイ (180)

派手なパサー 派手なアシスト (700)

素早い反射神経 クイックリアクション (450)

アクロバット アクロバティック レイアップ (550)

ポスタライザー コンタクトダンク (180)

無情なフィニッシャー ストロングフィニッシュ (190)

チェイスダウンアーティスト チェイスダウンブロック (900)

プットバックキング オフェンスリバウンドからの得点 (315)

シュート系バッジ経験値

シュート系のバッジ経験値はゲームイベントの成功数と成功率によって変動します。

一覧(バッジ名/ゲームイベント/成功率(1/1)の経験値

コーナースペシャリスト コーナースリー (440)

難しいシュート ムービングシュート (520)

フリースローエース フリースロー (120)

ティアドロッパー ランニング&フローター (680)

キャッチ&シュート ペリメーターシュート (440)

疲れ知らずのスコアラー タイアレスシュート (145)

ポストスピンテクニシャン ポストスピンフィニッシュ (360)

ティアドロッパー ランニング&フローター (640)

無限レンジ ディープスリー (480)

ミドルレンジの名手 競り合いながらのミドルレンジシュート (700)

アップ&アンダースペシャリスト アップ&アンダーシュート (400)

経験値は成功率毎に、成功数に比例します。例えば「フリースロー」の場合はこのようになっています。

試投数/成功数/成功率/(経験値)

1/1/100%/(120)

5/5/100%/(600)

2/1/50%/(90)

4/2/50%/(180)

成功率100%の状態で5本決めると獲得経験値は600、1/1のときの120の5倍の経験値となります。しかし1本外して1/2となると経験値は120→90に減少。

つまりフリースローを10本打って10本決めるのと、20本打って10本決めるので得られる経験値は違います。当然、シュートを外した方が経験値の獲得効率は悪くなり、外さなければ最大限の経験値を取得できることになります。

まとめと考察

経験値は選手によって若干上がったり下がったりします。例えばアシスト1本に対してもらえる経験値が130だったのが、マイキャリアを進めていくうちに150に上がったり、選手1では250だった経験値が選手2では200であったりと、若干の変動があります。

そのため再度、念を押しておきますが数値は選手によって多少変動するのでご了承ください

恐らく、数値の変化はポジション、能力値、選手レートなどで若干変わってくるのだと思います。

効率の良い経験値獲得方法について考察していきます。

練習経験値

まず、ここでは練習で得られる経験値について詳しく書きませんでした。ゲームイベントにもよりますが、練習の経験値は試合で得られる経験値よりも少ないです。試合と同じプレーを練習でやっても、大体1/2~1/5くらいまで経験値が下がっているので効率が良いとは言えません。

しかし練習はバッジ経験値を集中して集めることができるので、試合で獲得しにくいバッジの経験値を練習で集めておくのがベストかと思います。

マイキャリア 経験値

試合経験値

試合経験値にはバッジ経験値も選手レートの経験値に含まれます。

まずクォーター設定を縮めて、試合はできるだけ短くするのがおすすめです。

理由はフィールドゴール率が上がってシュート系のバッジ経験値を獲得しやすくなるからです。試合を短くしすぎると、選手のスタッツも下がってしまうのでその辺は調整が必要ですが、試合をこなすことで獲得VCも増えると思えば試合を短くするメリットは大きいです。

試合中のプレーですが、ガードには派手なアシスト、ビッグマンにはピック&ロールを狙っていくことをおすすめします。

派手なアシストは1回のプレーで750と割高なうえにアシスト経験値も200入るので、一回の派手なアシストで経験値が950入ることになります。

他と比べてもかなり割高な経験値なので、派手なアシストを使う余裕のある場面では積極的に狙っていくといいですね。完全にフリーな選手にパスを出すときなど、確実にアシストが決まって派手なモーションをだしても大丈夫な時に使うと効率的に経験値を稼げます。

ピック&ロールですが、ピック&ロール自体がオフェンスで使いやすく、得点に結びつきやすいのでおすすめです。

画像のピックアンドールの部分に注目、8回成功で3600も経験値を獲得しています。

うまく使いこなせば、ピック側でもロール側でも得点できるので、1試合で10回以上成功、4500以上の経験値を稼ぐことも可能です。ピック側ならうまくアシストして、アシスト経験値も狙えるのでより効率的です。

地味に避けたピック300も経験値を貰えて美味しいです。しかしCPUがピックを仕掛けてこないと避けようがないのでCPU次第ですね笑。

あとはトレーニングでも経験値を獲得できます。筋トレゲーがしたいなら別ですが、試合で稼いだ方が効率的なのでお勧めしません笑。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。