プレイオフ開幕! マイキャリアやってみた⑫

いよいよNBAも開幕したところで僕のマイキャリアはプレイオフ1回戦です。

開幕戦ではロケッツがウォーリアーズを倒しましたね。僕のマイキャリアのロケッツはプレイオフ準決勝で当たる予定なのでボコボコにしてやりますよ笑。

ただ、レートはようやく75。VCは余っているのでレイアップだけ上げようか迷い中です。レイアップを上げたところでブロックされたら意味ないんですよね笑。

ウォーリアーズのようなトランジションゲームを得意とするチームに4勝するには、スタミナを上げた方がいいかもしれません。

NBA NIKE

今回はなんと読者の方からNIKE.comで作成したシューズの画像(右下)をいただいたのでそれを載せちゃいますね。

この画像はどうやらNBA2K18のシューズクリエイトではなくNIKEのサイト内でデザインできるページ作ったものらしいです。→NIKE.com

選べるシューズはカイリー、コービー、レブロン、ジョージ、デュラントの5人のシグネチャーシューズ。数は2K18ほどではないものの、画像を見ての通り、色合いはに関してはよりリアルにデザインできていますね。流石シューズメーカー直属のWebページですね。

シューズ自体違いますが、見ての通り僕がカラーを真似して作ったシューズ(左上)では全く歯が立ちませんでした笑。

よりリアルなカラーでデザインできるので、試したみたいかたはリンクからどうぞ。

というわけで今回のマイキャリアの内容は

髪型と髭

マウンテンデューと契約?

プレイオフ開幕!

です。

髪型と髭

僕の選手レートが低いからかわかりませんけど、今作は髪型がまだあまり選択できないですね。

新しいコーンロウにしたいんですけど1つしかないのでずっと同じ髪型で我慢してます笑。前作はコーンロウでも4,5種類あったので、今作もそのうち出てくるとは思うんですけどね。

ちなみにNBAにコーンロウを流行らせたのはあのアレン・アイバーソンと言われています。確かにアイバーソンが出てきてからコーンロウ+ヘッドバンドの選手が増えてる気がします。

カーメロも昔コーンロウでしたね。今だとレナードとかかな。

アップデートで髭の種類が増えたらしいので、髭を変えてみようと思い久しぶりにヘアカット(髭カット)に行くことに。

そこでアイザイア・トーマスと会いました。ここ最近、試合ばっかりしているので、こういう場所でのイベントがたまりまくってます。前回来たときはカイリーに会って、部屋に帰るたびにデローザン、エンビード、ポルジンギス、ジョージが連続で来客してます笑。

NBA2K18 エンビード

この後に部屋に帰ったらタウンズが来客。なんかよくわからん人形をくれました。これはリアクションに困るのも無理はない笑。

選んだ髭はたしか「むさくるしいあごひげ」だったかな?

どうなんだろ、と思って試してみたらカイリーっぽい感じになってかなり気に入りました。

(追記:「伸びすぎたあごひげ」でしたすみません)

ハーデンのあごひげを選ぶことは一生ないでしょうが、このいい感じに伸びたあごひげがスター選手の貫禄を作ってくれてる気がします笑。身長が低いので髭がないと弱そうなんですよね笑。

マウンテンデューと契約か?

部屋に帰ったらドアマンの人が大量のマウンテンデューを運んできてました。

何だこの状況、この人何勝手に入ってんだ笑。

とりあえずDJに飲まれているのを知ったマウンテンデューが飲み物を大量に送ってくれたらしいですね。TVの横に山積にされてます。

NBA2K18 マウンテン

後々代理人が来てマウンテンデューとの契約を狙えるぞ!っていう話に。

この飲み物が欲しいなら契約をとってこい話はそれからだ。

今作はすでにシューズメーカー以外にもよくわからんシリアル食品メーカーと契約してますね。これにマウンテンデューが加わるのは嬉しいですが、前作は衣服関係のメーカーからの契約もあったので、同じようにもう1つくらい契約の話が来てもよさそうですね。

ちなみに僕自身、マウンテンデューが大好きで、1日1本は仕事中に飲んでますね。僕の家にも送って欲しいです笑。

プレイオフ

やっとここまで来ました。いよいよプレイオフです。

イースト優勝はキャブス,58勝24敗、対してウェスト優勝はウォーリアーズ67勝15敗でした!

やっぱりウォーリアーズの強さは2Kでも健在ですね。2位の我がロケッツに14勝差をつけてのダントツ1位。順当にいけばカンファレンスファイナルであたることとなります。

一回戦はポートランド・トレイルブレイザーズ。

エースのデイミアン・リラードC.J.マカラムのコンビにCのジョセフ・ヌルキッチが要注意なチームです。

特にエースの二人のシーズン平均得点はリラード27.9、マカラム29.4得点マカラムはトップのカリーに次いで得点2位、リラードは4位とオフェンスではリーグベストと言っていいほどのスタッツを残しました。

正直このスタッツにはびっくりですね笑。シーズン中も何度か負かされたので1回戦からハイレベルな試合になりそうです。

NBA2K18 マカラム

気合を入れて臨んだ1回戦、慎重にシュートを選んだ結果、66-50で圧勝!

ちなみに1クォーター6分でやってます。オフェンスよりもディフェンスが良かったですね。

しかし2回戦、ゴール下に切り込んだところをヌルキッチに尽くブロックされ60-73で敗北。

正直、スイープする自信があったのですが、負けると思ってなかったのでちょっと気合を入れなおしました。1つの負けがファイナルへの可能性をつぶしてしまいますからね。

しかしここからブレイザーズの特徴と強さを思い知らされます。

まず試合序盤からアイソレーションで勝負してくるリラード

今作はCPUも頭がよくなっているため、1on1でのドリブルバリエーションやシュートセレクトもよくなっています。

特にリラードのようにスピード、加速、シュートレンジの幅広さを持つ選手にがっつりアイソレーションされると一瞬、気を抜くと一あっという間に得点されます。

CPUとなめ切っていた僕はこのアイソレーションで何回も決められました笑。

そしてリラード以上にゲーム終盤で勝負強いマカラム

マカラムが勝負強いというよりも、ゲーム終盤になるほど調子の上がるリラードを抑えることに全力で、マカラムのマークが甘くなってしまうといった感じでした。

リラードは大事な場目ほど能力を上げてくる、クラッチパフォーマーのバッジを所持しています。ゲーム終盤でボールを持たせたときのフィールドゴール率は以上。

3ポイント能力も高い2人に一瞬でもフリーな状況を許したため終盤にバンバン得点されてしまいました。

ゲーム終盤でファウルゲームになって差が開いたものの、1点を争う試合が7戦目まで持ち込まれギリギリ2回戦進出。危うく1回戦敗退しかけました。

マジ危なかった(゚□゚;)

クラッチパフォーマーのバッジは要注意ですね笑。

まとめ

今季のウォーリアーズはNBA2k18でもロスターがロスターなだけあって昨年以上に強いです。レギュラーシーズンの試合を見ても圧勝試合ばかりでした。

でもそれ以上に凄かったのがキャブスの方。何が起こったのか154-84とか164-93とか150点越えゲームを月1ペースでやってました笑。このハイスコアゲームのシミュレーション結果になった要因はやっぱりレブロンなんですかね笑。

今回はプレイオフ1回戦まで。次は2回戦です。

どこのチームと当たるかはお楽しみに!

次回の記事

今回のマイキャリアは2人目のマイキャリア、1人目の経験を活かしてオフェンス、ディフェンス両面で最強目指して育成していきます。 目指すは...

前回の記事

今回は、というより今回も、シグネチャーシューズについて。 色々あってシューズクリエイトに時間をごっそり持っていかれたので、一度まとめて...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Damage Destructor より:

    シューズ画像ありがとうございます!
    早くマイキャリア進めなければ…。

    • ryo より:

      いえいえ笑
      こちらこそありがとうございます。
      のんびり行きましょう。1試合1試合楽しんでやるのが一番ですよ笑。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。