いきなり売却されたサンダー MyGMをやってみる②

一週間ぶりのMyGM。

マイキャリアが絶好調すぎてやりたくても手を付けられませんでした笑。

本来ならサクッと進めていきたいんですがMyGMにはイベントがたくさんあって、奥が深いので、僕のMyGMはなかなか進みません笑。

今回もやっていきましょう。

早速売却されるチーム

いきなりチーム売却のうわさが流れるチーム1年目。どうやら固定イベントのようです。そして噂は加速し一か月後にはオーナーと話し合いが。

で、結論から言うといきなりチーム売却されちゃいました笑。早速次のオーナーが就任。

前オーナーの推薦もあり、いきなり首ということはないようです笑。


正直オーナーなんて誰でもいいんですが、どうやらゲームを作った側的には重要なのはイベントにあったようです。

よくわからないですけど新しいオーナーは優秀な息子さんをGMの補佐につけることで勉強させたいらしい。

オーナーに就任して大した時間もたってないのにぜひやってくれないかと頼まれまして、オーナーとの関係が悪化するのも嫌だし補佐ならいいかということで承諾。

そしてスケジュールを進めてたらこんなイベントが。

MyGM

早速アシスタントGMに就任したオーナーの息子、Andrew Sanderson

いきなり駐車場で呼び止められましてなんか色々と言われます。結構いろいろと口出ししてくるアシスタントGMにちょっと引きがちな主人公笑。とりあえず適当に受け流しました笑。

なんやかんやで丸く収まりましたがどうやら彼が色々とGM関連のイベントを持ってきてくれるようです。じゃなければわざわざチームを売却してオーナーを固定イベントで変える意味がないですからね。

メロの怪我

シーズン開幕から1か月半。カンファレンス2位につけて絶好調なサンダーに不運な出来事が。

カーメロの怪我

しかも3週間とそこそこのやつ。開幕スタートダッシュに成功してロスターやローテーションもいい感じにいっていただけにかなりのダメージです。

しかもメロはPF。うちの層の薄いインサイドを支えるメロがいなくなったのはポジション的にもきつい。

しょうがないから今年ドラフト入団した新人のジョン・コリンズを抜擢。メロの代わりはいないので戦力ダウンは仕方ないですが、PF/Cでサイズもあるので何とかなるでしょう。

一か月半、やっとメロが回復しました。

早速ローテーションを組みなおします。スタッツはどうなったんだろと思ってみてみると、なんとコリンズがチームの得点4位。10.1と2桁得点してるじゃないか!

オフェンスは78とそこそこでサイズもそこそこだから結構使えるのかもしれない。メロが復帰したらベンチに帰ってもらう予定でしたが急遽セカンドユニットに入れ替えました笑。

こういう細かい作業ができるのがMyGM。

スター選手だけじゃなく新人選手、ベテラン選手が意外な活躍をしてくれると楽しくなってきます。

ドラフトレポート

ドラフトする選手の選択って難しいんですよね。

まだレポートの段階なんですけど、かなり詳細なデータが渡されます。

(スクショ取り忘れました笑)

一見よくできているように見えますが、中身を見てみると結構雑。というのも「オープンからのミドルシュート」が90なのに「競り合いから」と「ドリブルから」の数値は72,57とか。

数値がばらつきすぎ笑。フリーじゃないとミドル入らないってそれってただのフリースロなんじゃねって思っちゃいました。

実際この段階でのドラフトレポートは暫定的なもので、スカウティング担当の腕で実際の数値は結構違ったりするので、あまりあてにしすぎるのもよくない

狙うはレート75以上で伸びしろのある選手。そしてできればビッグマンが欲しい。

ドラフトレポートで調査する選手はちゃんとポジションごとに調査できます。

うちはインサイドが弱いのでセカンドユニットとしての役割が担えるビッグマンの調査を頼みました。

自動生成されるルーキーの中でもビッグマン(C)の特徴は、平均身長が高いということ

Cだと211cmくらいが一般的ですがレポートを見ると215cm以上の選手がゴロゴロいます。前作をやっていたら221cmでシュートレンジの広いポルジンギスみたいな選手が出てきてビビりました笑。

ルーキーのレートは80前後で止まっちゃう選手が多いんですけど、たまーにバケモノクラスの90前後まで伸びるポテンシャルを持つ選手がいます。

こういった新人探しもはまると面白い。でも見つけたところで他チームに取られたら意味ないんですけどね笑。

トレード

MyGMの醍醐味といえば選手の契約。

そしてシーズン中に行われる契約で最もチャンスが多いのがトレードです。シミュレーションしていても月に2本は電話がかかってきます。

大抵の条件が割に合わないか気に入らないもので、一蹴して拒否してしまえばそれで終わりです。しかしわざわざ相手から電話をかけてきて欲しがる選手。うまくやればこちらに有利な条件で交渉できます。

MyGM トレード

トレード依頼で最も現実的だったのがこの要求。

これぐらいなら全然ありだったけどロバーソンを出したくなかったから断りました。

トレードはこっちから探すより待ってた方が勝手にサラリー調整して依頼してきてくれるので楽です。

サラリーを調整するのがなかなか難しいので、僕はトレード要求から編集して再交渉するか、チームに欲しい選手がいなければ断ります。

基本的にチームはフランチャイズプレイヤーを放出しないのでレート90以上の選手がトレードで動くことはまずないのですが、85前後なら十分あり得ます。

僕の場合は過去にトレードで、相手側がデイミアン・リラード(89)を交渉に出してきたことがありました笑。

まとめ

MyGMは本当は2記事で1年を書こうと思ってたんですが、書くことが多すぎて終わりませんでした笑。

ちなみに今の状況は1月中旬で半分くらい。21勝15敗でカンファレンス6位です。

やっぱり怪我で戦力が落ちるのは痛いですね。

目標はプレイオフでウォーリアーズを倒すこと。今ウォーリアーズは32勝5敗と2位と5.5ゲーム差つけてダントツ首位です笑。

MYGMはこのモードだけでしか見れないイベントがあって面白い。

面白いイベントがあったらまた記事にしていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。