鉄壁ディフェンスベストプレイヤースキルの組み合わせ

前回の記事に引き続き、今回はディフェンスに重きを置いた選手クリエイトを考えてみたいと思います。

NBA2Kシリーズでは軽視されがちなディフェンスですが、ディフェンス、スティール能力の高いディフェンダーは、プレイしていてオフェンス指向の選手とはまた違った面白みを感じられると思います。

ディフェンダーという選手特有の個性、役割がはっきりしていると、マイキャリアでも使っていて楽しいですね。

紹介する選手タイプの組み合わせですが、オフェンス型の記事でPG,SG,SFを紹介したので今回はPF,Cで考えたいと思います。

もちろんガードのディフェンス型のクリエイトもできるのですが、それだとなかなか良い組み合わせが思いつかなかったので、個人的にはディフェンス型の選手を作るならPF,Cをおすすめします。

マイキャリア ディフェンス

PF:エース殺しのディフェンススター

プライマリスキル「ディフェンス」

セカンダリスキル「リバウンド」

バッジ個数(レジェンド:ゴールド:シルバー:ブロンズ)2:9:4:2

キーバッジ

レジェンド:

リムプロテクター、乱暴者

ゴールド:

チェイスダウンアーティスト、プットバック キング, ディフェンシブストッパー

マイキャリア パワーフォワード

ゴール下でのリバウンド、ブロックだけでなく、スティールや横方向の俊敏性など、基本的なディフェンスステータスが圧倒的に高いのが特徴。

その分オフェンススキルはほとんど捨ててしまいますが、圧倒的なディフェンス力があるうえエース選手の多いフォワードなので、マッチアップで相手のエースを封殺することも十分可能です。

基本的なディフェンスに必要なのは横方向の俊敏性。

それだけでなくスピードと加速力もあるので相手のスピードに素早く対応でき、例えばジョン・ウォールのような加速とスピードのあるガードともマッチアップが可能。

ブロック能力も高く動きも速いので、ガードが切り込んできてもすぐにヘルプにでてブロックが可能。リバウンドに関しても、ジャンプ力、リバウンドのステータスがCクラスなのでオフェンスもディフェンスもリバウンドを期待できます。

注目したいのはスティール。ディフェンスを取らないとここまでのステータスは期待できないので、マイキャリアでも随一のスティール能力を持っています。うまくスティールのコツを掴めば、1試合で安定して3スティールは可能なポテンシャル持っていると思います。

ポストオフェンスは平凡なものの体の強さからポスト内へごり押しできるので、無理やり得点することもできなくはない。スティールもしやすいのでアシストさえできれば、ある意味最もFiveByFive(得点、リバウンド、アシスト、ブロック、スティールの5項目のスタッツが5以上)しやすい選手かもしれません。

バッジに関してですが、乱暴者はマッチアップした選手のスタミナを奪うバッジ。リムプロテクターはインサイドシュートの効果を下げるので、特にポストを使ったオフェンスをしてくる選手、PF,Cとのマッチアップに強いです。

身長、ウィングスパン、体重に関してですが、体重は上げておくことをおすすめします。スピードが下がってしまいますが、体の強さが上がるので、ポストでの勝負が強くなります。

身長、ウィングスパンは大きく変える必要はないと思いますが、ウィングスパンはもしかしたらリバウンドがとりやすくなるから上げておいた方がいいかも?

リバウンドの表記がないのでわかりませんが、フィジカルに影響しやすいリバウンドでウィングスパンを下げるのはあまりおすすめしないとだけ言っておきます。

弱点はやはりオフェンス。

ポストオフェンスはフィジカルとテクニックでカバーできますが、ミドルレンジ以降は完全に狙えません。オフェンスはポストでボールを貰う、またはアシストやスクリーナー、ロール役に徹するなど役割をはっきりさせる必要があります。

逆に言えばオフェンスの役割さえ把握していればオフェンスで役立たずにはならないので十分戦える選手です。

C:リバウンドスター

プライマリスキル「リバウンド」

セカンダリスキル「ディフェンス」

バッジ個数(レジェンド:ゴールド:シルバー:ブロンズ)3:7:5:2

キーバッジ

レジェンド:

乱暴者、プットバック キング、ブリックウォール

ゴールド:

ハッスルリバウンダー、ブレイクスターター

マイキャリア センター

PFよりもさらにリバウンドに徹したディフェンダーです。

スタミナ、体の強さ、ジャンプ力、リバウンドが高いのが特徴でプットバックキングのレジェンドバッジを持っています。

プットバックキングはオフェンスリバウンドから得点しやすくなるので、オフェンスはリバウンド中心。しかし体の強さも半端じゃないのでPF以上にポストをごり押しできます。

基本的にゴールとの距離が近くなるほど、オフェンスでもフィジカルが問われます。この選手はフィジカル、リバウンドの両面で優れているのでオフェンス、ディフェンス両面での活躍が期待できます。

今作ではオフェンス、ディフェンス両面で高いステータスを持つ選手は難しいので、その意味で敢えて一点特化にした方が強力な選手となります。Cはフィジカルが強いほどゴール下でごり押せるのでその点でほかのCよりも簡単に点を取れます。

おそらくゴール下にいるだけで毎試合ダブルダブルは固い選手となるので下手にオフェンス型のCを作るよりもおすすめの選手です。

身長ですが個人的にはMax221cmまで上げてもよいと思います。ステータス以上にリバウンドがとりやすくなるメリットがありますし、スピードが下がったところでゴール下の番人なので影響はそんなにないはず。

ウィングスパンもMaxでも問題ないかもしれません。引き換えの3ポイント、ミドルシュートの成功率はもとより狙わないので関係ないですし、体の強さの減少もそんなに大きくない。

PFでも言いましたがウィングスパンはリバウンドの取りやすさに影響しているかも知れないので高いに越したことはないです。

体重もMaxでOK。ただしこの時点で体の強さは余裕で上限に達しているのでこれ以上上げる必要はないかも。お好みでお願いします。

弱点はポストを使った器用な得点を狙いにくいところ。

例えばポストからのフェイダウェイなど、ゴールとの距離が離れるシュートの成功率は信用できないため、シャキール・オニールドワイト・ハワードのようなプレースタイルとなります。

また、PFと同じくミドル以降のシュートは狙えないことから、ブリックウォールのレジェンドバッジを活かしてスクリーナーとロールに徹するとよいと思います。

まとめ

今回はディフェンス型のスキルの組み合わせについて紹介しました。

PFとCのスキルには「ポストスコアリング」があり、これを選択することでポストオフェンスのステータスは上がりますが、リバウンド、もしくはディフェンスを犠牲にしてしまいます。

個人的にはディフェンスとオフェンスを中途半端に混ぜるより、ディフェンス特化した方が面白いと思ったのでこの組み合わせにしています。

ガード選手しか使ったことがない人は、ぜひ一度ゴリゴリのリバウンダーを作ってみるとよいと思います。リバウンドやブロックが楽しくて意外とはまりますよ笑。

参考記事

今作のマイキャリアではプライマリとセカンダリスキルを組み合わせることによって初めから選手の特徴、獲得できるバッジとアップデートが決まっていま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Damage Destructor より:

    「エース殺し」良いですねー。SGでプレーばっかしてるので、たまにはディフェンスに目を向けるのも楽しそうですね。
    マイキャリア、SGサブ出場で10点ぐらいしか取れないんですが、何かいい得点の取り方ないですかね?

    • ryo より:

      ディフェンスで封殺するのも楽しいですよ笑。
      1試合で何点差つけられるかで極めてたことがあって、自チームの得点の半分以下に抑えようとしてました。
      オフェンスとは違った遊び方ですね笑。

      得点のステータスが低いときほどアシストやローラーとしての役割はしっかり果たした方がいいと思います。
      味方が決めることがディフェンスが若干散るのと自分の調子も上がってシュートも決まりやすくなるはずです。
      僕は気分でたまにゴール下に突っ込んでターンオーバーしがちなのでそういうときこそアシストを伸ばすようにしてます。
      そうすると自然と得点も伸びるんですよね。

      恐らくアシストがしっかりできているときほどターンオーバーが少なく、シュートセレクトも上がるので良い成績が残せるんだと思います。

      • Damage Destructor より:

        なるほど。参考にします。
        速攻狙いでダンクかましてると美味しい所だけ持って行ってチームメイトに悪い気がして(笑)。

  2. sigure より:

    5人くらい選手作ってみましたが、実は「エース殺し」も記事を発見する前に作ってました。
    そして!個人的に今一番楽しいのがCでスラッシャー×2の身長・体重・ウィングスパンMAXですね。
    地味に足の速いCで高身長なのでリバウンドで必要な要素も結構揃っているので、トリプルダブルとか殿堂入りでやれたりしてます。
    ゴリ押しダンクもお勧めです(笑)
    ただし、ドリブル時のルーズボールは勘弁です(笑い)

    • ryo より:

      コメントありがとうございます!

      Cはフィジカルをオフェンスディフェンスの両方で活かせますからね。
      身長Maxでドライブ&フィニッシュ×2の選手なんかに突っ込まれたら止めれないですよ笑
      僕の選手なんてディフェンスはザルなんでそんなの止めに行ったら怪我しかねないです笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。