シューターなら取っておきたいおすすめバッジ紹介

今回はバッジ紹介と解説。

紹介するのはシューターなら取っておきたいバッジについて説明します。

マイキャリアの試合において、最も効果を発揮してくれてるのがシューターのバッジです。

特にミドルレンジから3ポイントまでのシュートは、バッジの効果が複数被って成功率も変わってくるのでシューターは是非取っておきたい、試合で得点を伸ばしたいなら優先的に取りたいバッジとなります。

シュート系のバッジは、選手スキルの「シュートメーカー」「3PTシュート」が獲得しやすいくなっています。

ただ、今作ではスキルは2つまでしか選べないので、バッジのレベルもスキルの組み合わせで決まってしまい、最高レベルのバッジ、レジェンドバッジを複数取るのはかなり難しいです

しかしシュート系のバッジは使用頻度が高いことからゴールド、シルバーなら十分恩恵を受けられるバッジが多いのも特徴です。試合でのシュート成功率にも影響するので、今回はマイキャリアで優先的に取りたいシュート系のおすすめバッジについて僕の偏見で紹介します。

全てのバッジの種類、効果はこちら

バッジは選手それぞれに振られる能力値、総合的なレートとは別に試合でのパフォーマンスに影響を与えます。 この記事はすべてのバッジと効果に...

ステフィンカリー

出典:thinklink

難しいシュート

効果:ドリブルから難しいシュートを決めることで知られている。

おすすめ度☆☆☆☆☆

個人的に最も優先して取りたいバッジ。

「シュートメーカー」を取る最大のメリットがこの「難しいシュート」バッジです。

移動中のシュート(ムービングシュート)は極端に成功率が下がることから、基本的には狙いたくない。

しかし難しいシュートバッジはムービングシュートの成功率を上げてくれるだけでなく、フリーになりやすいムービングシュートのメリットと相まって大きくシュート成功率を上げてくれます。

また、他のバッジとも相性が良く、ステップバックシュートフェイダウェイシュートなどにも効果を発揮するので、バッジレベルを上げれば積極的にムービングシュートを狙えます。

特に難しいシュートバッジをレジェンドバッジにして3ポイントの能力を最大にしたアウトサイドシューターは手に負えません。

シュートメーカーを選ばないといけないので選手タイプの幅は狭まってしまいますがゴールド、シルバーでも十分に使えるバッジです。

キャッチ&シュート

効果:キャッチからスタンディングで打つシュートの成功率が高い。

おすすめ度☆☆☆

フリーでのシュートで最も効果を発揮するキャッチ&シュートはセットシューターならゴールド以上は確実に持っておきたいバッジです。

シューターならこのバッジを持っていなくても、キャッチ&シュートで放ったシュートはジャストシュートになりやすいですが、バッジを持っていることでさらにジャストシュートを狙いやすくなります。

使用頻度はそれなり。うまく動いてフリーでボールを貰える人にはおすすめのバッジとなります。

ミドルレンジの名手

効果:チェックされたシュートを、ミドルレンジから高い確率で決める。

おすすめ度☆☆☆☆

ミドルレンジからシュートを狙わない選手はいないことと、シュートチェックされやすい距離ということから、どのポジションポジションでも持っていて損はないバッジ。

特に大きい選手はブロックされないけどシュートチェックが入りやすいのでSFにおすすめ

身長の低い選手でもしっかり間合いを取れば持っていて大きな恩恵を受けることができます。そのため難しいシュートとの組み合わせもおすすめ。

ミドルレンジで止まらずに空いたスペースでムービングシュートを打てるのは大きな武器となります。

ロングシュートの名手

効果:チェックされたシュートを、ロングレンジから高い確率で決める。

おすすめ度☆☆☆☆

ミドルレンジの名手の3ポイントバージョンですがこちらも同じように強力なバッジです。

アウトサイドシューターの3ポイントシュートはは常にディフェンスとの距離の読みあいです。完全にフリーな状態で打てる機会はそんなに多くありません。

シュートチェックが入った状態で打てるのはありがたい。3ポイントを狙える選手、狙いたい選手ならぜひ持っておきたいバッジです。

また、ミドルレンジと同じく難しいシュートとの組み合わせは強力

特にステップバックシュートで3ポイントエリアに入ってのシュートは決まると最高に気持ちいいです。

おまけ

無限レンジ

効果:かなり深い位置からでも高確率で3ポイントを決められる。

あれば強いけどなくても困らないバッジ

遠距離から3ポイントを決められるステフィン・カリーの必殺バッジ

しかし無限レンジを持っているなら当然3ポイントシュートの能力には全振りしておきたいところ。

というより全振りしておかないと「ただ意味不明なところから3ポイントを打ってくる人」になってしまう。

3ポイントのスペシャリストを作るなら持っておいた方がよい。

コーナースペシャリスト

効果:コーナーからのスリーポイントを決められる能力があることで知られている。

セットシューターなら取っておきたいバッジ

コーナーで打つことで3ポイントシュートの成功率を上げられるバッジ。

コーナーでボールを受け取ってシュートする機会の多いセットシューターは是非取っておきたい。

でも基本的にシュートするポジションまで計算して試合をするのは結構難しい。ポジション取りに気を取られてシュート機会を逃す方がデメリットなのでセットシューター以外は持ってればまあお得、くらいなバッジ。

まとめ

今回はおすすめのシュート系バッジについて紹介しました。

主にミドルから3ポイントまでのシュート系バッジは、PG,SG,SFが持っていると活躍しやすいバッジです。

今回紹介したバッジはあくまで僕のおすすめで、オールラウンダーに選手クリエイトする人もいれば尖がった選手を作る人もいると思うので参考程度にお願いします。

また、シュートの種類と成功率についてはこちらで解説しているのでよろしければ参考にどうぞ。

NBA2K18で試合をしているとき、FG成功率を意識していますか? バスケをやっている人なら当たり前に知っている単語ですが、そもそもF...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。