ディフェンス操作方法と解説 NBA2K18マイキャリア

NBA2k18では一見オフェンスに目が行きがちで、ディフェンスの重要さを見逃しがちですが、実は試合に勝つにはディフェンスの方が重要だったりもします。

試合の半分を担うディフェンスは、相手の得点を封じるだけでなくオフェンスに勢いをつけ、速攻に活かしたり、選手の調子を上げる役割も果たすので、試合に勝つにはディフェンスは重要な要素です。

今回はディフェンスに関する基本テクニックを紹介します。

出典:BleacherReport

タイトなディフェンスと長いウィングスパンから、最も優秀なディフェンダーと言われるレナードは、チームのエースが最も相手にしたくない選手。

基本ディフェンス

激しいディフェンス/ディナイ

相手選手の近くでL2をホールド

ボール持って相対してくるドリブラーに対して、ただ突っ立ている状態だと加速とスピードのある選手にはすぐに抜かれてしまいます。

そんなときにはディナイを徹底することで、タイトにディフェンスきボール保持者を自由にさせず、オフェンスし辛くことができます。

マークしている選手がボールを持っていなければ、必要ありませんが、マークしている選手にボールが渡ったらすかさずディナイするようにしましょう。

ハンズアウト

相手選手の近くで、Rスティックを倒してホールド

ハンズアウトすることで、選手の前に手を出してパスを警戒することができます。

オフェンスの動きによっては、パサーがパスを出そうとしている方向、受け取る選手が明らかなことがあり、そういう場合のパス警戒に有効な操作となります。

しかし個人的にはハンズアウトで警戒するよりパスコースを体でふさいでしまった方が良いと思うので、使わなくても問題ありません。

ブロック&シュートチェック

ブロックとシュートチェックはディフェンスで最も重要な操作です。

特にシュートチェックは、ブロックに届かなくてもシュートの成功率を下げることができるのでシューターに近ければ必ずシュートチェックしましょう。

ブロックとシュートチェックの方法はいくつかありますが、基本的に△を押すだけで対応可能です。ただし、近距離でのブロック、シュートチェックはシューティングファールを取られやすいので、気を付けてください。

ブロック

シューターの近くで△を押す

スワットブロック

R2を押したまま△を押す

ブロックする際に気になるのがシューティングファールを取られてしまうこと。スワットブロックはファールはとられにくいですがブロックへの距離が出ません。

基本的にファールまで考慮して操作するのは難しいので、すべて通常のブロックで十分です。

シュートチェック

基本的なシュートチェック

Rスティックをシューターに向かってホール

垂直シュートチェック

シューターと逆方向に向かってLスティックをホールドしながら△を押す

垂直シュートチェックはファールがとられにくいので、ポストでのブロックにはお勧めですが、アウトサイドシュートにはあまり向きません。

基本的にはしっかり△でブロックしておけば、ボールに触れなくてもシュートチェックは入るので、操作よりもシューターとの距離を離さないこと意識しましょう。

リバウンド

ボックスアウト

リバウンドにはポジション争いがつきものです。

ポジション争いに勝つにはシューターがシュートを打った際にいち早くゴール下に駆けつけることですが、最も重要なのはボックスアウトにかからないこと。ボックスアウトにかかってしまうとリバウンドをとるのはかなり難しいです。

しかし逆に、ボックスアウトにさえかからずにゴール下へ入れれば、あとはフィジカルとポジション争いで勝負できます。

リバウンドを取りに行くときはゴール下でボックスアウトしてくる選手を見定めて、ボックスアウトされないコースを走りましょう。

スモールプレイヤーはタイトなディフェンスでしっかりシュートチェックをして、すぐに速攻に走ることでリバウンドをとった選手からパスを貰って得点に結びつけることができます。
なれると簡単に点を取れるのでおすすめです。

どうもこんにちは! 依然としてのんびりやっている僕のマイキャリアですが、なんともう⑥記事目となりました。 しかし僕のマイキャリア...

また、スモールプレイヤーはリバウンド争いに絡めないと思われがちですが、2K18では身長に関係なくボックスアウトすることができます

そのため相手のビッグマンを背中にしてシュートが打たれたときは積極的にボックスアウトを狙っていくと味方がリバウンドを取りやすくなり、自身の評価も上げることができます。

ボックスアウト自体は全く難しくないので覚えておくと評価を上げるテクニックの1つとして使えます

PGでもPFをボックスアウトすることができるので味方のリバウンドに貢献できる。

スティール

スティール

□を押す

僕の体感では近距離でスティールを狙って相手のボールを奪える確率は、スティールのステータスが高い選手でも5分の1以下です。

そのため普通にスティールを狙うと、イリーガルオブハンズを取られることの方が圧倒的に多いことから、ボールを盗ることができれば大きいですが、あまりおすすめしません。

スティールのステータスが高い選手はファールを取られる危険度も下がりますが、基本的には攻守が変わるたびにに狙うものではないことは理解せておきましょう。

パスカットのコツ

スティールにはドリブラーから奪うだけでなくパスカットで奪う方法もあります。

しかしパスカットしようとパスコースに走って行っても、大抵はパスコースを変えられてしまう場合が多いです。

そのため効率的にパスカットをするには、パスコースを変えられずにコースに素早く入れる位置を確保して、パスを出すタイミングを読んで走り抜けることです。

しかし自身のマークが甘くなってしまうリスクもあるのでパスカットにも気を付けましょう。

ドリブラーからスティールを奪うコツ

ドリブラーからボールを奪うには、常に下がりながらスティールを狙うようにすると、ファールを盗られにくいのでおすすめです。

接近した状態でスティールを狙うとき、同じ距離感で連続で3回もスティールを狙うと、ほぼ確実に3回目にはファールを取られます。

しかし下がって距離を取りながらスティールを狙うと、空振りは増えますがファールはとられにくく、上手くいけばスティールも可能なのでスティールを狙う際は常に距離を空けるようにしましょう。

まとめ

今回は基本的なディフェンスの操作方法について解説しました。

スティールについてですが、基本的に狙わないのが正解です。スティールはサッカーゲームのスライディングと同じでボールを奪えれば大きいですがリスクの方が高いです。

また、ディフェンスはディナイとシュートチェックがしっかりできていればある程度は対応できます。しかし身長や体重などフィジカルに差がある選手とマッチアップした時は厳しいかもしれません。

そんなときはL1長押しでダブルチームを要求してディフェンスを変わってもらうのも一つの手です。

逆にディフェンス能力の高い選手や、ディフェンスに自信のある人はマッチアップを変えて相手のエースと勝負することで、チームの勝利に貢献できます。

チーム1のディフェンダーとしてマイキャリアをプレイするのも楽しいかもしれませんね。

おすすめ記事

ディフェンスで点差を詰めるコツ

マイキャリアやMyGMで、プレイオフなど負けられない試合ってありますよね。 そんな試合ほど相手が強敵だったりする訳です。 ...

コメント

  1. テシロー より:

    垂直シュートチェック
    シューターと逆方向に△を押しながらシューターに向かってLスティックをホールド

    について、コントローラー操作のイメージが掴めないのでお教え頂けますでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • ryo より:

      コメントありがとうございます。

      わかりにくい表現になっていましたごめんなさい。
      「シューターと逆方向に向かってLスティックをホールドしながら△を押す」に直しました。
      操作のイメージとしては、シューターから離れるようにLスティックを押しながら△でブロックに飛ぶ感じです。
      基本設定のプロコントロールの方向を常に固定にしているならLスティックは上方向だけで大丈夫かもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。