トリプルスレット操作方法と解説 NBA2K18マイキャリア

今回はトリプルスレットについて解説します。

トリプルスレットとは

ボールを両手で持った状態、例えばパスを貰った後などにシュート、ドリブル、パスの3つの動作に効率よく移行する体勢のことをトリプルスレットと言います


NBA2K18では、トリプルスレットをうまく使うと、ドライブで相手を崩す、間合いを取るなどに使えるテクニックとなります。

トリプルスレット状態でできる動きを把握しておくと、オフェンスに役立つので使っていない人は是非使ってみて、操作方法を覚えておきたいですね。

出典:FANSIDED

基本的なトリプルスレット操作方法

・トリプルスレットジャブ/ステップオーバー

Rスティックを左または右に倒してすぐに離す

・トリプルスレットジャブ ポンプフェイク コンボ

Rスティックをゴール方向へ動かした後、すぐに離す

・トリプルスレットジャブ ポンプフェイク ジャブ コンボ

Rスティックをゴールと逆方向に動かしすぐに、離す

・トリプルスレットステップバック

R2を押しながらRスティックをゴールの反対方向に動かし、すぐに離す

入力時にR2も同時に入力することでフェイクが強くなります。

トリプルスレット/ドライブフェイク

Rスティックをボールのない方へ状態を傾けると、一歩足を踏み出します。

ディフェンダーが無警戒でスペースが開いていればその状態からドライブに入りやすくなります。スピードと加速があれば一気に抜きに行くことも可能です。

トリプルスレット/シュートフェイク

ボールを両手で持った状態で□をタップするとシュートフェイクとなります。

シュートフェイクをうまいタイミングで使うと、ディフェンダーが引っかかりブロックに飛ぶのでドライブで切り込めば簡単に抜くことができます。

ディフェンダーを騙すのは難しいですが、タイミングとしてはボールを貰った直後、キャッチ&シュートをすると見せかけた時が最も騙しやすい気がします。

また、ポストオフェンスするときも、ゴール下でディフェンダーをフェイクにかけることができます。うまくかけることができれば目の前にゴールのあるポストプレイでは確実に得点に結びつけることができます。

トリプルスレット/スピン&ハーフスピン

ボールを受け取った状態でRスティックをどちらでもよいので回転させてみましょう。

スピンで一気に加速してディフェンダーの横を抜きに行こうとします。

基本的なトリプルスレットでディフェンダーが反応して、空いたスペースにスピンすると効果的に使うことができます。

また、ボールの接触がリアルになった今作では、簡単にファンブルしてしまいますが、スピンに関しての判定は甘いようなので、接触を気にする必要がないのでおすすめです。

トリプルスレット→ピック

トリプルスレット状態でポンプフェイクコンボ入れることで、ディフェンスの位置が

微妙に移動します。

ここでピックを使いスクリーンにかけることで、一歩も移動せずにディフェンダーをスクリーンにかけ、マークを外したり、スペースを作ったりすることができます

今回はこちら に続き、スクリーンプレイを用いたオフェンスについていくつか解説したいと思います。 ピック&ロールの記事を読...

ピックは一瞬かかるだけでかなり大きな隙を生み出すことができ、一歩も動かずに大きな隙を作れるので有用性は高いです。

まとめ

トリプルスレットはオフェンスを仕掛ける際の最初の武器となります。

他のモーションとうまく組み合わせることができれば、オフェンスの幅は大きく広がります。

簡単にできるので一通りのモーションを覚えておきましょう。

ピック&ロールとの相性も良く、個人的にはよく組み合わせて使っています。

今回は最も基本的なオフェンス、ピック&ロールについての解説です。 ピック&ロールとは ボールを持ったプレイヤーに対して見...

コメント

  1. sigure より:

    操作で思ったのですが、トレーニングドリルで攻略しづらい、ポイントを稼ぎづらいものの攻略とかあると、凄くありがたいかもです。専用ドリルでもドロップステッパーやポストスピンテクニシャンなんかは理解出来ないと難しいを通り越して0Pで終わるとかざらですから(笑

    • ryo より:

      それは確かにありですね!
      考えておきます。ただ、僕も苦手な練習はあるのです全てはきついかもしれないです笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。