ピック&ロール操作方法と解説 NBA2K18マイキャリア

今回は最も基本的なオフェンス、ピック&ロールについての解説です。

ピック&ロールとは

ボールを持ったプレイヤーに対して見方がスクリーンを仕掛け(ピック)、スクリーンでディフェンダーのマークが遅れたところにスクリーナーがフリーのスペースを見つけてパス受ける(ロール)プレー。



現実のバスケでもよく見るプレーですがNBA2K18でも簡単に使うことができ、しかも最も幅広い戦術を効果的に生み出せる方法です。

今回は何パターンかのピック&ロールをバスケ初心者の方にもわかりやすいように、画像を使ってがっつり解説していきますね。

出典:THE ORANGE COUNRY REGISTAR

基本的なピック&ロール

ピック&ロールの定義を前述しましたが、はっきり言ってフリーな状態を作ればロールが得点しようがピックが得点しようが関係ないです。

いきなりぶち壊しにした感じですが、重要なのは自チームが点を取ること。誰が点を取るかは重要じゃない。

誰かが言ってました。「チャンスは最大限に活かす」まさにそれがピック&ロールです。

ピック&ロールで最も重要なのはフリーな状態の選手を作ること

それさえできればピック&ロールオフェンスは成功です。

まずはスクリーナーを読んでみましょうR1を長押ししてみてください。センターが自分についているディフェンダーの右後ろか左後ろにこっそり突っ立ってくれるはずです。

この画像の場合は右側に来てくれました。

①まずはスクリーンにかける

スクリーンを壁のように使って右に走ります。(水色)ディフェンダーがスクリーナーにぶつかっているのがわかりますね。

この瞬間、あっさりとフリーになることができました。それと同時に奥の選手がこっちに向かってきましたね。(青矢印)

②勢いで突っ込む

センターがヘルプで寄ってきました。でも若干の距離があります。

ここでディフェンダーとの距離が開けていれば最初のシュートチャンスとなります。

しかしそううまくいきません。そういう時はとりあえずスピードを生かして突っ込んでみましょう。(オレンジ)

③ディフェンダーがついてきてダブルチーム状態に

わかるでしょうか。奥に行くとスクリーンに引っかかった8番の選手が、フリーにさせまいと追ってきます。ここでさっきのヘルプとダブルチーム状態になります。

④スクリーナーを探してパス

このときスクリーナーはどうなったでしょうディフェンダーがどちらもプレイヤーをマークしているので完全にフリー状態です。

ここでゴール下にスクリーナーが走ってきました。ここでスクリーナーにパス。(緑矢印)

無防備なゴールにダンクorレイアップを決めて終わり。プレイヤーにはアシスト+1です。

どうです。簡単でしょう?

難易度が低いほど、ディフェンダーが勝手についてくるので楽々アシストを決められます。

このパターンが最も基本的なピック&ロール。難しくないのでマスターしておきましょう。

ロールで3ポイントを狙う

味方しか点取れないの!?って人も大丈夫。

ロール側になることで自分がフリーになってシュートを打つこともできます。

今度は自分がロールになってみましょう。

かなり無理のある雑な画像ですが許してください笑。

①スクリーンをかける

さっきとやることは同じ。ボールを持った選手の右か左後ろにいってを〇ボタン長押ししてみましょう。スクリーナーになることができます。

この画像の場合は右後ろに立ってますね。ピック側は青矢印の方へ自然と向かってくれます。

ディフェンダーが引っかかったらスクリーン成功

②パス要求

味方がフリーになって右側へ抜け増したがすぐに追いつかれてしまいました。

所詮NPCなのでエースクラスの選手じゃないとこれだけでは決まりません。

ここで自分のマークが外れていればロール成功。ディフェンダーとの距離があることを確認して、すかさずパス要求します。

③フリーで3ポイントシュート

これで味方が上手くパスを出してくれれば成功。キャッチ&シュートでリリースしましょう。フリーな状態でキャッチ&シュート、シューターならシュートメーターをしっかり合わせれば、高確率でジャストシュートとなります。

3ポイントをフリーでもらえる機会を最も簡単に、意図的に作ることができるオフェンスです。3ポイントシューターは絶対マスターすべし。

スクリーンプレイ

スクリーンをうまく使えるようになると、ピック&ロールではなく、ピックだけで抜けることも多くなります。

もちろんそれだけで抜けてしまったほうがいいのですが、そのまま調子に乗ってゴール下に突っ込むと地獄の集団ブロックがまっていることも多々あります笑。

スパーズ戦、レナードがピックにかかってパーカーもヘルプに対応できません。

ゴール下がら空き!チャンス!

と思ったら大間違いです。

画像の瞬間、3人のデフェンダーにガン見されてますよね笑。

フローターショットなどでも対応可能ですが、この時点で少なからずシュートチェックが入ります。まず決まらないと思っていいでしょう。

じゃあどうすればいいのか、そうです。ここでパスを出せばいいだけですね。

では誰にパスを出せばいいでしょう。

この場合、左手前のディフェンダーはまだディフェンスに戻れます。左手前の味方にパスを出すのは控えた方がいいでしょう。

そこで左奥のディフェンダー、完全に足がこっちを向いて走ってきてますよね。ここで左奥にうまくパスが出せれば完全にフリーな状態でシュートアシストできます。

右奥もありなのですが、彼はCなので3ポイントは苦手です笑。この辺は味方のステータスとの兼ね合いもありますね。

まとめ

今回はピック&ロールの最も簡単で効果的なオフェンス法について書きました。

伝わったでしょうか?笑

ピック&ロールは自分の得点を伸ばすだけでなく、アシスト数も格段に増やすことができます。

最後のプレイに関しては実はよく起こり得ることです。

そのためアシストして得点してくれやすい選手は覚えておいた方がいいでしょう。

また、味方のどの選手が3ポイントが得意かを把握しておくとかなり楽に、3ポイントをアシストできるようになります。

アシストが増えるとチームも勝てるようになるのでマスターしていない人は是非やってみましょう。わからない部分はこの記事に質問していただければお答えしますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。