キラークロスオーバードリブル操作方法と解説 NBA2K18

キラークロスオーバーと言われるクロスオーバーがあります。

一瞬で相手を抜いてしまうほどの威力のあるクロスオーバーのことですね。

NBA2K18でも試合中に使用できるクロスオーバーにはいくつかあり、複雑なドリブルムーブのなかでも、クロスオーバーの特徴は入力タイミングにあります。

これを僕はよく「キレ」と呼んでいますが、クロスオーバーで抜けるかどうかはキレが命です。

クロスオーバーのムーブは何種類かあり、タイミングによって異なり加速力も違うのでそれについて解説しますね。

動画がないのが痛いですが、そこは何とか補えるように解説します笑。

一応初心者向けの内容となっております。上級者の方は自然と身についてるスキルの話です。

出典:BASKETBALL SOCIETY

ダッシュ中のクロスオーバー

ムービングクロスオーバー

R2を押してダッシュ中に行う最も基本的なクロスオーバームーブ。

走りながらのクロスオーバーのモーションはムービングクロスオーバーのモーションになります。モーションは以下の通り。

・R3(オフボール)入力でクロスオーバー
・R3(オフボール)斜め下入力でビトウィーン・レッグズクロスオーバー
・R3(オフボール)入力からのR3(オフボール)入力ダブルクロスオーバー

この時知っていてほしいのがダブルクロスオーバーのタイミング

ダブルクロスオーバーでムービングクロスオーバーのモーションを出したいときはかなりタイミングを遅らせる必要があります。

このクロスオーバーはタイミングを遅らせることで緩急をつけられるので、対人戦などでは「そのタイミングでクロスオーバーくるの!?」って感じで意表をつけそう笑。

しかし逆に言えば、タイミングを遅らせないとダブルクロスオーバーは、どの選手でも同じモーションとなります。これがクロスオーバーの「キレ」にかかわる話。

練習でダブルクロスオーバーを何回かやってみてください。モーションがいくつかあるのがわかると思います。

クロスオーバーのタイミングによって、ボールを持ち帰る位置が変わりボールの移動幅も大きく変わります。少し紹介しますね。

指先でダブルクロスオーバー

入力速度:速い

ボールを入れ替えるだけ、ほとんどボールの移動幅がないため、アンクルブレイクしない限りまず抜けない。

体の前でダブルクロスオーバー

入力速度:少し速い

素早くボールを持ち替えるため、スピードの出やすいクロスオーバー。

腕を広く使ってクロスオーバー

入力速度:普通

ボールの移動幅が大きい。ただしモーションが大きいため少し遅い。

タイミングはコンマ何秒で変わる世界なので難しいかもしれませんが、このようにダブルクロスオーバーだけでも入力タイミングによって3種類あるんですね。

ただ、注意してほしいことが、ダブルクロスオーバーは何を使っても結局あんまり抜けないってことです笑。僕が使っている限りアンクルブレイクを起こさないとまず抜けないですね。

ただ、入力タイミングによってキレに変化が出るのはわかっていただけたかと思います。

あと、ダブルクロスオーバーはディフェンスに突っ込むとまず間違いなくチャージングを取られるので注意しましょう笑。


クロスオーバー

他のモーションと合わせて繰り出して使うクロスオーバーです。

このクロスオーバーにはムービングクロスオーバーのような決まったモーションは設定されていないので、ダブルクロスオーバーで解説したようにどの選手も同じモーションとなり、「キレ」が重要となってきます。

また、ダッシュ中のクロスオーバーがアンクルブレイクが起こせないとなかなか抜くのは難しいのに対して、こちらのクロスオーバーは他のモーションと繰り出すことでディフェンダーの位置をコントロールし、アンクルブレイクを起こさなくても抜けるようになります

僕としては普通のムービングクロスオーバーなんかよりこっちの方が全然抜けます。おすすめです。

練習方法

ドリブル中、R3(オンボール)入力でサイズアップ・ヘジテーション・コンボが繰り出せると思います。

ヘジテーションした後にR2とR3(オフボール)入力でクロスオーバーが繰り出せます。

このときもヘジテーションした瞬間にクロスオーバーするのと、タイミングをかえてクロスオーバーした時ではモーションが異なるのがわかると思います。


出典:tiempo

キレで相手を抜く

練習方法で説明したように、タイミングによって「キレ」を生み出すわけなんですがダブルクロスオーバーよりもちょっと深いです。

何故かというと、ダブルクロスオーバーは完全に「入力時間の差」でタイミングをコントロールできたのに対して、

ドリブルからのクロスオーバーは「ボールの位置」でコントロールすることになります。これがダブルクロスオーバー以上にシビアです。

少し難しいですが、ヘジテーションからクロスオーバーしたときの高さと同じ位置で、ヘジテーションから1ドリブルいれてクロスオーバーするとわかると思います(たぶん笑)

何度も言いますがかなりシビアです笑。

でも安心してください。ボールの位置が5cm変わったくらいでキレが大きく変わるかというと、そうでもありません笑

でもボールが一番高い位置からクロスオーバーするのと、

一番低い位置からクロスオーバーするのでは一瞬ですがかなりの差が生まれます(どっちだよ)

現実でもそうですけどこのゲームでも一瞬の隙と加速力を最大限に生かして抜くことになります。だから一瞬の加速力にこだわるんです笑。

隙を見つけて抜く

実際クロスオーバーだけで相手を抜くのは難しいです。

ゲームですから「スピード」「加速力」特にに加速力の方が重要になります。

でも大丈夫。前述したとおり普通のダッシュ中のクロスオーバーと違ってこのクロスオーバーが抜きやすいのは、ドリブルによって相手に隙を作ることができるからです。

ドリブルにも「ボールコントロール」という数値があってこれが大きな役割を果たすのですが、これがあると素早いドリブルでディフェンダーとの間に数歩のスペースができます。

ドリブルによってできたスペースにディフェンダーが寄ってくる(オレンジ)のでこの部分にクロスオーバーで切り込んでいけばいいだけです。(青)

だからスペースを作るためのドリブルができる「ボールコントロール」が重要となります。

ちなみに、オレンジのように寄ってこなかった場合はこの画像なら左に切り込みます。切込みにもタイミングが合ってそれによって予備動作が減るので練習するとよいですよ。

また、「ボールコントール」が高いとアンクルブレイクも起こしやすいのでなおさら突破が楽です。

ドリブルムーブとの組み合わせですが、「マイキャリアおすすめのドリブルムーブまとめ」で使いやすいドリブルムーブを紹介しているので参考にしていただければと思います。

NBA2K18ではドリブルをうまく決めると、ディフェンダーを抜いたり、アンクルブレイクして崩すことができます。 素早いドリブルで相手を...

まとめ

最後に言うのも何ですが、「スピード」「加速力」「ボールコントロール」すべてが極端に低い。それでもドリブルでディフェンダーを抜きたい!っていう人のために一言。

無理です。

流石にそれは無理です笑。そういう選手はフィジカルが強いのでポストプレイで勝負してください。ポストプレイについても今度書こうかなと思います。

加速力だけあれば、慣れとキレだけで抜くことができるのでプレイヤーテクニックも重要な要素となります。一度ドリブル能力やスピードのある選手を使って練習したり、マイキャリアでそういうタイプの選手を作ってみるのがよいかと思います。

まあ慣れればなくてもキレだけでなんとかなるので、「慣れ」が一番重要ですね笑。

コメント

  1. Damage Destructor より:

    なかなかシュートが入らず苦戦していたので、この記事を参考してドリブルからの得点を試してみようと思います。

    • ryo より:

      コメントありがとうございます!
      シュートが入らないのはディフェンダーのシュートチェックがかかっているからかもしれませんね。
      その意味ではディフェンダーを抜くことができればシュートの成功率は上がると思います。
      ただ、抜いても相手のヘルプが来る場合もあるので、状況によっては抜いたらアシストした方が点は入る時もあります。

      ドリブルで抜けると楽しいので練習してみてください!

  2. より:

    Cでもウイングスパンと肩幅が広ければノーマル1のムービングクロスオーバーで大きなズレを作って相手を抜くことができますよ。
    ベンシモンズなんかもクロスオーバーで簡単に相手を抜くことができます

    • ryo より:

      そうですね!フォワードは基本的に選手によっては何でもできるのでコツさえつかめてれば抜けると思います!

      ただ僕が言いたかったのはどうやって得点するかの話で、Cだったらドリブルで抜くよりポストプレイで点を取った方がより確実ですよね?ということなんです。
      フィジカルの強い選手はピック&ロールで、それこそPGとのミスマッチを作れればごり押しでゴール下まで行けますからね。
      わざわざ失敗する可能性の高い方をおすすめするのはどうかと思ったのであえてそんな感じで書きました。
      あくまで僕の意見ですけど誤解を与えていたら申し訳ないです。

      あとベンシモンズいいですよね。僕も好きな選手です笑。

  3. あまりんご より:

    ブログの内容と関係ないのですが
    自分のドリブルコントロールの数値などは
    どのようにして確認すればいいのでしょうか
    教えて頂けると幸いです

    • ryo より:

      閲覧、コメントありがとうございます!
      マイキャリアでしたらスキル上げや試合へ移行するメニューから
      リーグ成績→スタッツ・順位表→個人成績、自分の選手のところでR3
      R2、R1で画面を飛ばしていくとスキルの画面があるのでそこで全ての数値を確認できますよ。

      ちなみにアップデートでスキルのアップグレード画面でも右上に数値が出るようになりました。そこからでも確認できます。

      わからなければまた答えしますのでどうぞお気軽に質問していただければと思います。

  4. けー より:

    この記事とは関係ないのですが、ストリートニュースでスキルブーストができません。とあるメールが来きてTシャツを貰えれば解放できるというのはわかっているのですが…マイキャリアをかなり進めてしまいそのメールがきたかどうかもわからないです。これって諦めたほうがいいんですかね?

    • ryo より:

      閲覧、コメントありがとうございます。

      状況がよくわからないですけど、とりあえずTシャツを買ってみては?
      買うTシャツは「T-SHIRT MAIN STREET NEWS」なので日本語だと「メインストリートニュースTシャツ」
      だと思います。
      胸にEXTRA!EXTRA!と入ってるやつですね。

  5. 2K18 より:

    クイックマッチを主にやっています。
    2K9から移行してきたものです。慣れていないせいもあると思うのですが、9に比べると全然抜けない、ドリブルでゴール下に切り込めづらい、ドリブル中のファンブル、ゴール下へ切り込めてもファンブル、カットされてしまうことが多くなったと思うのですが(自分が下手なせいもあると思います。)これは仕様でしょうか?やはり9からだと大分変わっていますか?

    • ryo より:

      閲覧、コメントありがとうございます!
      2K9ですか!かなり古参のNBAファンですね!

      僕は9はやったことがないのでわからない。と言ってしまえばそれまでなのですが、確かなことはNBA2Kシリーズは年々格段にリアルなゲームになってるってことです。
      それはモーションだけに限らず、密集地帯でのドリブルによるファンブルや、大きな変更だと今作では180度振り向いてのパス精度が大きく下がっていたりするんですね。
      アリウープの成功率なんかもやりすぎなんじゃないかってくらい下方修正されてます。

      つまりおっしゃるようにかなり変わってます。9ですとNBALiveとNBA2Kの差の比ではないと思います。
      だからファンブルやカットは仕様だと思って慣れるしかないですね。
      操作方法は複雑になっていると思いますが、慣れればよりリアルになっているので9よりも面白いのは確かなはずですよ!

  6. 2K18 より:

    返信ありがとうございます。良くも悪くもすごいリアルになってますよね。パスのタイミングがシビアだったり、変なパスだったらパス取るのにもたついて始動が1テンポ遅れたりなど。

    • ryo より:

      そうですね。
      でもパスの受け取りがリアルなのはいいんですけど、その割に敵のボールキャッチの反射速度が異常に速かったりして
      自分のほうだけ操作が難しくなっている感じは確かにありますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。