アップデート速報!カーメロ・アンソニーがサンダーに加入!

ついにカーメロの移籍先が決まりました!

サンダーです!オクラホマシティサンダー

トレード内容

ニューヨーク・ニックス
・カーメロ・アンソニー(SF/PF)
オクラホマシティ・サンダー
・ダグ・マクダーモット(SF/PF)
・エネス・カンター(C/PF)
・2018年ドラフト2巡目指名権(シカゴ・ブルズ)

これによって2Kがアップデートを配信。早速ロスターを見に行ってみるといましたね笑。

それにしてもサンダーとは...カーメロのトレードも電撃移籍でしたけど2Kのアップデートも電撃でしたね笑

なんてことだ...昨日だったかな?カーメロがサンダーも移籍先候補にいれるというニュースが流れたのは。

なかなか移籍先が決まらなかったカーメロは、キャブズとサンダーを移籍先候補に含め、その2球団であってもトレード拒否権を放棄すると球団に伝えたそうですね。

でも何となく、まあそんなことはありえないだろうなーって思ってたんですよね。

だってサンダーにはすでにSFのスーパースター、ポール・ジョージがいるじゃないですか。カーメロもSF、プレイスタイルを含めてもチームとして機能する気がしない。

ところがそれが実現してしまった。どうするんだこれ。

別にポジションなんて関係なくPFでもSGでもいいですけど、サンダーの司令塔はウェストブルックですからね。彼が優秀なPGであることには間違いないですけど、基本的にボールを支配したがる性格です。

昨季はサンダーにウェストブルック以外にボールを任せられる選手がいなかったのもあるでしょう。しかしシーズントリプルダブルは彼の自分中心に試合を組み立てていく性格と、プレイメイキングから来ていたのではないかと少なからず思いますね。

もちろんウェストブルックはNBAを代表するPGなのは間違いなくて、パススキルと視野の広さも一級品です。

ところがそれと組み合わさる2人が問題ですよね。ポール・ジョージとカーメロ・アンソニーです。どちらも昨季までチームのエースとして、ボールを多く持ってチームの軸としてプレイしていました。特に個人的にはカーメロは1on1のオフェンスを得意とするイメージがありました。

ボールを持ちたがるPGと、昨季までチームの単独エースだったSFが2人。かみ合うんでしょうか?そうは思えない...

ロッケツの2人、ジェームズ・ハーデンとクリス・ポールとビッグ3を組むのとはわけが違うのは言うまでもありません。ポールはもともと、パスやアシストスキルの高い選手で、正統派PGとしてはリーグ1といっても過言ではない選手です。

ハーデンも自分のオフェンスによってできたスペースを見逃さない、アシストスキルを持っていますから。カーメロと組んでも何とかなる気はしなくもなかった。


今季のサンダーはどうなるんだろう。

でも戦力的にすごいことになったのは間違いないですね!

サンダーだけでちょっとしたオールスターです。ビッグ3としての単純な破壊力はウォーリアーズと争えるんじゃないでしょうか。

これはサンダーのウェストブルックとポール・ジョージの反応も楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。